その35 わちゃわちゃの日常

 父とは、うっかり再会した。

 新型コロナウイルスの感染防止対策で、父がお世話になっている老人ホームは3カ月近く面会中止になっていた。耳が遠い父に想いを伝える手段は、もっぱら手紙。受け取った父からは、「ありがと、ありがと、大丈夫じゃ」という電話がかかってきていたので、元気な声は聞くことができた。

 緊急事態宣言が解除されたあとも、ホームの面会中止はしばらく続き、その間に父は93歳の誕生日を迎えることになった。

 プレゼントを届けることはできるが、顔を合わせて「おめでとう」の気持ちを伝えることはできない。そこで、誕生日の当日、父には自分の部屋のベランダに出て来てもらうことにした。ホームの駐車場から手を振れば見える位置にあるので、キープディスタンスの拡大版で再会しようという作戦だ。

 日時と段取りは、手紙を書いて知らせておいた。この作戦の発案者である姉と一緒に、画用紙に大きく「93」「歳」「お」「め」「で」「と」「う」と書いて、テープでつなげたメッセージボードも用意した。

 準備は万端。父からは「楽しみにしとる」という電話があり、遠くからでも顔が見られるのを、私たちも楽しみにしていた。ただ一つ心配なのは、せっかちで前のめりな父が、ベランダから身を乗り出して落っこちそうにならないか…ということ。テンションが上がり過ぎないよう、早めに切り上げなくちゃ。

 作戦決行の日。駐車場でスタンバイする前に、受付へ向かった。誕生日プレゼントをことづけるためだ。

 「これを父に渡していただけますか」「今から降りて来られますよ」「え?…あ、父がですか?」「はい。ご本人が会いたいとおっしゃったので」「いいんですか?」「ちょっとだけですけど、お誕生日ですからね」「お気づかいありがとうございます!」

 どうやら父は、私たちが来ることを事前に伝えて、会えるようにお願いしていたらしい。

 おっと、いきなり作戦変更だ。玄関先であわててメッセージボードを掲げようとしたら、エレベータの扉が開いた。父が杖をつきながら、前のめりで歩いて来る。マスクをしている目が、思いっきり笑っていた。

 「おお、元気じゃったか」「うん。お父さんも元気そうだね」「はぁもう、93歳じゃ。まだ当分、あの世からお呼びはかかりそうにないけどの」

 いつもの名調子が飛び出して、いつも以上にみんなで笑った。

 3カ月ぶりの再会は、うっかり顔を合わせてしまった感じになったけれど、このわちゃわちゃした展開こそが、わが家らしい「いつものこと」だ。

 その数日後、条件付きで面会制限が解除されることになり、あらためて予約を取って会いに行った。

 マスクよし。手洗いよし。さらに消毒をして体温を測ってもらい、アクリル板で仕切られた面会コーナーに通された。1回に面会できるのは2名まで。時間は30分以内。この条件は段階的に緩和されていくと思うが、念入りに対策をしてくださっているのは、本当にありがたい。

 身振り手振りを交えて話す父は、ときどきアクリル板の存在を忘れて指をぶつけていた。「ありゃ。はようコレもなくなりゃあええの」と照れ笑い。それでも、顔を見ながら話ができる短い時間を楽しんでくれているようだ。

 おかげさまで、コロナ禍でも笑って93歳になった父の新しい日常は、もうはじまっている。

【次回更新 その36】
2020年8月3週目(8月17日~21日)予定

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その7 「ねん金」と「ねる金」

  2. その25 ほどほどのおもてなし

  3. その23 毎度の「ごっつぉう」

  4. 第52話 初登場 孫!

  5. 特別ひろう話 その1 久しぶりの外出

  6. 第59話 変わらないこと

  7. その13 91歳のターミネーター

  8. その17 昭和も平成も新元号も

  9. その21 「転倒」のち「人生の転機」

特集コンテンツ

  1. 2020年8月4日(火)
  2. 2020年8月3日(月)
  3. 2020年8月2日(日)

Ranking

PAGE TOP