思い出のモノの片付けは、
納得できる時間と理由、なにより体力が必要です。

今回は私の実家、さらに父の実家の片付けのお話です。
ある日、父親から電話がありました。
「(私にとっての)おばあちゃんの着物があるんじゃけど、いるもんないか」
祖母が家を片づけていて、着物を処分することになったようでした。
仕付け糸がついた状態の新品のモノもあるとのこと。
父が私のもとに届けてくれました。

着物は約20枚。私は少し驚きました。
夫を早くに亡くした祖母は、女手一つで鮮魚店をしながら、
私の父を含めた3人の子供を育ててきました。
私にとっての祖母のイメージは、割烹着にゴムの黒い長靴。
着物を着ていた姿はほとんど記憶になかったからです。

ご褒美に買ったのかな、これを着てどこに出かけたかったのかなと祖母の人生を想像し、
処分ではなく、何か使い道がないだろうかと考えてみました。
しかし、着物の知識がほとんどない私にはサイズの違いくらいしか分からず、
私が着るとしても習慣がなく、上手に保管できる自信もなく。
鑑定を兼ねて、着物の買い取り専門店に持っていくことにしました。
もちろん、祖母や父に了解をもらって。
インターネットで「買取 着物 地域名」で検索すると、いくつか上がってきました。
店舗に出向かなくても自宅に鑑定士がきてくださったり、
荷物を送って査定してもらう方法もあります。



その場で鑑定結果が出ないとのことで、連絡がきたのは1週間後。
「1160円になります」
……なるほど。
買い取っていただけたのは新品の着物を含めた3枚、帯締め1つ。
洋服の買い取りで経験はしていましたが、
着物はもう少し高く買い取ってくださるのかなと期待していた私。
「やっぱりいいです!」と持ち帰りたくなりましたが、
おそらく誰も着ない、タンスに収めたままになる…と思い、買い取っていただくことに。




後日、母と一緒に受け取りに行きました。
本人確認ができる免許証を提示して手続きを済ませ、帰ろうとしたとき、
持ち込んだ着物を大量に手渡されました。
買い取れない着物は返却だったのです。
事前に公表されているので、きちんとチェックしてくださいね。
業者選びのポイントになります。
父母は買い取りに持ち込んだ際には祖母への申し訳なさがあったようでしたが、
一度はすべて処分した気持ちになっていたのと、
買い取ってもえらなかったという事実から、
「もう、処分するしかないね」と父と母。処分する踏ん切りがついたようでした。
受け取った1160円は、付いてきていた孫たち(私の息子、娘)とのアイスクリーム代に。
「おいしいね~」と晴れ晴れとした表情の母でした。

これから学んだことは、どんなに価値があっても、大切なモノであっても、
もう一度使っていただくには、新しい、旬、使える人が多いモノなど、
市場での需要が優先されることを痛感しました。
そして、なかなか手放せないモノは、
納得できるまで使いみちを検討して、処分する理由を見つけることが大事だということも。
着物をワンピースなどにリメイクして、生まれ変わらせるのも一つの方法ですね。
お店でサービスを提供していたり、手芸で楽しんでいる方もいらっしゃいます。

家族の片付けには、ほとんどのモノに思いが含まれています。
それらの片付けは、冷蔵庫や引き出しを片づけるのとは比較にならないほど、
家族の了解、モノとの対話が必要で、体力も必要になります。
実家の片付けは普段の片付け以上に、片づける人も片づけられる人も、
元気なときに取り組むことをお勧めします。

さて、後日。母から電話がありました。
「中学校のときの実力テストのファイルがあるけど、捨てていい?」
「さっさと捨てて!」と私。
「すごくきれいに綴じてあるんよ。大事なものかと思って」と母。
なぜそんなに丁寧に片づけたのか、まったく記憶にありません。
そんなモノを丁寧にしまっているくらいなら、
日記やら手紙やらもそこに残しているかも…。
実家へ急がなければと思った出来事でした。

 
登場人物
梶津さん
フリーの編集者の傍ら、整理収納アドバイザー資格を取得。家族を巻き込みながらシニアの生活にもやさしい実家の片付けを目指す。
定年退職後、同じ職場でアルバイト。カープとビール、横になれる畳一枚あれば幸せ。とにかく子煩悩、さらに孫煩悩。
近所のスーパーでパート勤務。若いころは陶器の置物や食器を集めるのが趣味。片付けが苦手。好きなものは、アップルパイ、サスペンスドラマ、孫。
サラリーマン。何よりもカープ最優先。毎年、宮崎にキャンプイン。使ったものを置きっぱなしにする。急にスイッチが入って断捨離する。
息子
高校2年生。明るく人当たりがいい。マイペースな妹が大好き。整理上手、普段から机の上にモノがない状態をキープ。
中学2年生。ファッション、メイクに興味しんしん。整理が苦手。ほしいものがたくさんある。

profile


梶津 利江(かじつ りえ)
 
フリー編集者&整理収納アドバイザー。
自宅で編集の仕事をするようになって、どんどん増える資料やどんどん増える紙モノに頭を悩ませていました。すぐに仕事を再開できるように途中のままにしておきたいし、でもスッキリと見せたいという気持ちの折り合いをつけるヒントを求めて、整理収納アドバイザー1級を取得。
学ぶ中で、編集と片付けは「全体から大事なものを見つけて分かりやすくする」という共通点があることを発見。大事なものを大切にする「編集&片付け」をモットーとしています。
夫の両親となんとか2世帯同居中、夫と子供2人、愛犬と暮らしています。
 

関連記事

  1. 小さなキッカケを集めて社会へ浸透させる

  2. ブーム到来!育て方のコツをつかんでさらに輝くコノフィツム

  3. 第67話 恋活

  4. 第59話 変わらないこと

  5. その29 耳掃除と寒中見舞い

  6. 犬を飼えば服が変わる
    ライフスタイルの変化の気づき方

  7. 特別ひろう話 その9 僕が死んだら

  8. 第73話 コタツ

  9. 2020年11月20日(金)

特集コンテンツ

  1. 第80話 テイクアウト
  2. 小さなキッカケを集めて社会へ浸透させる
  3. その50 すべての動作はトイレに通ず

Ranking

PAGE TOP