親の介護を行う30代、40代が注意すべき点は?

親の介護を行っている30代、40代は現役のビジネスパーソンとして仕事に励んだり、一家の中心として子育てや家事を行ったりする世代でもあります。

しかし総務省の「就業構造基本調査」によると、2017年に介護・看護を理由に離職した人(介護離職者数)は、9万9000人という数に上り、日本社会において大きな課題となっています。

日々忙しい30代・40代の世代が親の介護に直面した時、慌てずに対処するために注意すべき点をご紹介します。

親の介護について30代・40代が知っておきたいこと①仕事との両立

親の介護と仕事を両立させるために、利用できる介護サービスや制度についてご説明します。

利用できる介護サービス

在宅で親を介護している方向けの訪問介護サービスでは、ホームヘルパーが自宅を訪問し、調理や食事、入浴、排せつなどの介助、掃除や洗濯など身の回りのことをサポートしてくれます。

日中は仕事で家にいないという方は、留守中に親をみていてもらえるデイサービスを利用するとよいでしょう。

デイサービスは介護施設を日帰りで利用でき、自宅に送り迎えをしてもらえます。出張や旅行で数日、自宅を空けるという場合は宿泊できるショートステイというサービスもあります。

親の介護のために自宅を住みやすく改修したい、車いすや杖など介護用品をレンタルしたいという場合は介護保険を利用し、費用負担を軽減できるケースもありますので、検討してみるとよいでしょう。

介護保険は要介護度によって利用できるサービスが制限されていたり、費用の上限が決まっていたりするので、そこは注意してください。

介護保険サービスを使う流れ

介護保険を利用するためには、どの程度の介護が必要かを判定する「要介護(要支援)認定」を受ける、専門家による介護サービス計画(ケアプラン)を作成するなどの手続きを行う必要があります。

介護保険の仕組みはかなり複雑な上に、しばしば改正が行われるため、個人で対応するのはなかなか難しいのが現状です。

そのため、介護保険を使う際には介護全般の相談窓口である「地域支援包括センター」へ相談しましょう

地域包括支援センターには無料で相談できますので、まずは親の住むエリアの地域支援包括センターの連絡先を確認することをおすすめします。

介護保険でかかる費用

介護保険の利用でかかる費用として、利用者の収入に応じて費用の1割から3割を負担します。

サービス利用料とは別に、加入者は保険料として毎月一定の額を支払います。

保険料は地域によって異なります。

介護施設への入居を検討する

家族の介護負担が大きくなり在宅介護での対応が難しくなったら、老人ホームなど介護施設への入居を検討してみましょう。

介護施設といっても公的施設(特別養護老人ホームや介護老人保健施設など)、民間施設(介護付き有料老人ホームやグループホームなど)の種類があり、入所条件やサービスの内容は様々です。

介護を受ける親と子供にとってどの施設が最適かケアマネジャーと相談し、生活しやすい場所を選んでください。

介護休業法の詳細

親の介護と仕事の両立をよりスムーズにするために、働きながら介護をする人のための支援制度についても知っておくとよいでしょう。

国が定めた制度には以下のようなものがあります。

・介護休暇

1年のうち、介護を目的として5日間の休暇が取得できる制度(半日単位でも取得可能)

・介護休業

対象家族一人につき、介護目的で通算93日間休暇が取得できる制度(3回まで分割可能)です。休業中は条件にあえば給付金が支給されます。

・労働時間の制限

介護が終わるまで、残業や時間外労働を制限する制度

・時短勤務などの制度

短時間勤務やフレックスタイム制度などを利用できる制度

これらの制度は企業によって対応が異なることも多いので、まずは勤務先の就業規則を確認しておきましょう。

親の介護について30代・40代が知っておきたいこと②介護費用

介護にかかるおおよその費用として、一時費用は平均69万円、月々の費用は平均7.8万円となっています(公益財団法人生命保険文化センター調べ/2018年)。

厚生労働省の調査によると、介護費用には親の貯蓄や収入をあてるケースが多いことがわかりますが、親の経済状況や受けたい介護サービスの内容によっては子供が負担することもありえます。

できれば早いうちから、親の介護費用をどうするかについて意識しておくとよいでしょう。

また、親の介護費用負担を軽くするための制度も用意されています。

例えば利用者負担限度額を超えた場合に、その超過分が補助される「高額介護サービス費」所得が低い方の介護施設における食費・居住費の負担を軽くする「特定入所者介護サービス費」などです。

利用にはお住いの市区町村へ申請が必要なので、役所に問い合わせてみるとよいでしょう。

(親の介護費用について詳しくはこちら→リンク「親の介護費用、どれくらい必要?誰が負担する?」)

親の介護について30代・40代が知っておきたいこと③メンタルケア

親の介護は肉体的な負担に加え精神的な負担も伴います

負担を軽減するために国・自治体の制度や介護サービスなどを利用する他、ストレスを上手に解消していきましょう。

例えばデイサービスやホームヘルパーなどの介護サービスを利用し、空いた時間を自分の趣味や外出などにあてて気分転換を行うのも1つの方法です。

またショートステイを1週間ほど利用して、心身ともにリフレッシュするのもおすすめです。

親の介護の不安や疑問を抱え込まず、サービスや制度を上手に活用しよう!

親の介護をする家族をバックアップする制度やサービスは、近年、徐々に整えられています。

それらのサービスや情報を活用し、要介護者だけでなく介護をする家族の自分の生活もしっかり守っていきましょう。

避けたいのは「親の介護は子供がやらなければ」と思いつめ、ストレスや辛さ、疑問や不安などを一人で抱え込んでしまうことです。現在、高齢者の介護は子供だけでなく様々な人が関わっていく問題です。

様々なサービスを利用し、時には同じ悩みを抱える人と話したり情報交換をしたり、趣味の時間を充実させたりして、上手に息抜きをしていきましょう。

(親の介護に関する相談について詳しくはこちら→リンク「親の介護、相談先がわからない方へ!相談先をまとめてご紹介します」)


介護に必要なグッズはキャプスにお任せ!

介護に必要な用品・グッズは探すのが大変!

ネット通販でもたくさん販売されているけれど、たくさんありすぎてどれを選んでいいかわからなくなりますよね。

「キャプス」は介護福祉に特化した通販サイトです。

キャプス+(プラス)のカテゴリーでは、介護に必要な用品、ちょっと便利なグッズをまとめて紹介しています。

ぜひ介護する側もされる側もラクになる用品・グッズを探してみてくださいね!

関連記事

  1. 車椅子や長時間座った体勢でお尻が痛いときのクッションは介護保険利用可能

  2. 親の介護に必要なお金!意外と知らない?控除の知識!

  3. 親の介護で睡眠不足……夜中のオムツ替えの回数は減らせるのか?

  4. 親の介護費用、どれくらい必要?誰が負担する?

  5. 親の介護のお金のはなし【控除編】

  6. 親の介護で退職しないために 20代で知っておきたい5つのこと

  7. 親の介護は何歳からはじまる?将来のために今できること

  8. 親の介護がしんどいと感じたときの自分の時間の作り方

親の介護が必要となったら利用したい 介護サービスと利用の流れ

家族介護に必要なもの、揃ってます キャプスプラス

介護福祉の文具マーケット キャプス

脳トレブックレット

脳トレブックレット特集バナー

特集コンテンツ

  1. その58 月に一度の便りが頼り
  2. その57 お達者だからクラス替え
  3. その56 生きますからよろしく
PAGE TOP