家で介護をするのに資格は必要?

介護の豆知識

家で親の介護をしようと考えていますが、その場合に必要な資格はあるのでしょうか。
または取得しておいた方がいい資格についても回答します。

家で介護をするのに資格は必要ない

家で介護をするのに特に資格を取得する必要はありません。但し体調が悪くなったり、転倒したりするなどの事故が発生した時に迅速な対応を行うためには、時間と知識が必要になる場合がありますので、ある程度時間の融通が利く人でなければなりません。
もちろん、介護サービスを利用し、プロにお願いすることもできますが、あらかじめ知識を身に着けておくことで、問題発生時の対処がしやすくなります。

介護関係の知識を身に付ける方法

まずは周りの人たちに聞いてみると良いかと思います。探してみると介護を経験された人は多かれ少なかれいらっしゃるものです。そのような方々から経験談を聞いてみるのが良いでしょう。その際に利用していた便利な道具やサービスを教えてもらえたり、場合によっては役に立った介護用品などを頂けたりすることもあるかもしれません。

本から介護に必要な知識を身に付けよう

どんな事でも大抵誰かが既に経験しています。そしてそれらは本としてまとめられていることもあります。プロによって書かれたものも数多く存在します。
介護関係の知識は本を読むことでも十分に身に付けることができます。必要に応じて今の自分に最適な本を探してみましょう。ネットでも多くの情報はありますが、書籍からは広い範囲で介護に必要な知識を体系的に学ぶことができます。

介護保険のしくみと使い方がわかる本
牛越 博文(監修)

介護保険を最大限に活用するためにいま知っておきたいことをイラスト図解。
申請の仕方、ケアマネの探し方、ケアプランの作り方、介護保険で受けられるサービス、お金の話、介護保険で入れる施設など複雑な介護保険のしくみと使い方がわかります。
介護保険をはじめて利用する人、はじめて介護の仕事に携わる人、今使っているサービスを見直したい人におすすめの一冊です。

プロとして知っておきたい!介護保険のしくみと使い方
ケアマネジャー編集部(編)

ケアマネジャーをはじめとする相談援助職向けに、介護保険制度の概要、利用の手引き、各サービスの内容・報酬単価、ケアプラン作成時のポイントなどを、オールカラーでイラスト・図版を交えてわかりやすく解説。

目標としての介護資格取得

ただ、何でもそうですが、いざ学ぼうとしても何から手をつけたらいいのか分からないものです。本を読むのが苦手という方もおられるでしょう。そういう場合にはゴールを定めることでやる気になりますし、実際にご自身の家族の介護に役立つことも大いにありますので、そういう意味でも介護資格を取得するのは一案です。

介護資格には『介護職員初任者研修』のように1か月通信で学んで取得が可能なものもあるので、そのような資格を検討してみると良いでしょう。これから介護の需要がより一層高まっていく日本では、将来的に仕事にしていくこともできるかもしれません。

資格があれば要介護度の悪化にも対応可能

介護はいつまで続くかわかりません。体調が悪化して介護レベルが上がることもあるでしょう。そのような場合でも資格を取得していると、より高い要介護度になった時でも対処することができます。
将来、介護の仕事で生計を立てていくこともできるようになるし、自分自身が介護される立場になった時の知識を得ておくという意味でも決して無駄な知識ではありません。

まとめ

もちろん、家で介護しているからといって、全て自分でやろうとする必要はありません。社会は人と人とが支え合って成り立っています。時間が取れない時やキツイと感じるような事については訪問サービスも提供されていますので、それらのサービスも上手に活用しながら無理なく介護をしていくようにしましょう。

こちらもおすすめ

身近な人に介護が必要になったときの手続きのすべて
鈩 裕和 (監修)

親が倒れた! どうする?
どこに相談すればいいの?お金は?申請はどうしたらいいの?在宅介護をするには?
そんな介護の不安を一気に解消してくれる1冊です。
見やすく、読みやすい大判サイズ。

親の介護 手続きと対処まるわかりQ&A
田中克典 (著)

介護の悩みをスッキリ解決!
親や身内が病気や怪我で倒れたり、認知症になったとき、その家族には突如として介護の負担( 生活の変化・精神的負担・お金)がのしかかります。
本書では、最低限知っておきたい介護保険制度の申請から、施設選び、高齢期の親との付き合い方など、多くの人が直面する悩みを、相談の多い64テーマに絞って紹介。
400人以上の高齢者をサポートしてきた現役ケアマネジャーが事例をもとに解説しています。

完全図解介護に必要な医療と薬の全知識
三好春樹・長尾和宏 (編著)

在宅医療の第一人者・長尾和宏と介護のカリスマ・三好春樹が総力を結集して贈る医療の「正しい使い方」がわかる新しい高齢者ケアの教科書
要介護となった高齢者の心身の特徴、健康を保つためにどう生活をつくるか、よくある持病と薬の基礎知識、そして穏やかな最後を迎える方法までを、300点超のイラストと図解で完全解説。
これ1冊で、介護者に必要な「高齢者医療の知識」が丸ごとわかります。

介護に役立つ人体力学
井本 邦昭(著)

移動や移乗の介助など、「介護」の現場で役に立つ体の動かし方を紹介。
抱き起すとき、車いすに乗り換えるとき、力任せの動作では、介護する人はもちろん、介護を受ける人にも、大きな負担がかかります。
そんなとき、体のねじりや連動、相手との距離を上手に使うと、相手を意外とラクに動かすことができます。息を合わせ、力を連動させる人体力学的介護術。
介護する人、される人がラクになるのを助ける一冊です。

投稿者プロフィール

Mav
Mav
広島県在住。Webライター。海外で13年間生活し帰国。日本ではIT関係の仕事でコンサルティング等で企業のサポートを行なっている。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP