その43 リハビリの栄養源

 父は、ずんずん前に進んでいる。

 転倒して大腿骨を骨折し、手術を受けてから2カ月が経った。お世話になっている病院は、コロナ対策のために入院患者の面会は全面禁止。まだ一度も、父と顔を合わせることができていない。

 その間、私は父のいないお正月を過ごし、七草粥をすすり、父のぶんまで盛大に節分の豆をまいた。「コロナ退散!」「痛いの痛いの飛んでゆけー!」なんでもありの厄払いだ。

 おかげさまで、術後の経過は順調らしい。車椅子に慣れるところからはじめて、20日後にはリハビリ病棟に移り、歩行器を使って移動できるようになった。そして今は、杖をついて歩けるまでに回復したそうだ。

 93歳の父が、私の知らないところで頑張っている。「寝たきりになりたくない」どころか、骨折する前の生活ができるようになることが、父の目標なのだろう。それは野望でも希望でもなく、現実になる日がきっと来る。私もそう信じて、直接手助けはできないけれど、手紙や差し入れで心ばかりのエールを贈っている。

 入院している父への届けものに、「差し入れ」という言葉を使うのもどうかと思うが・・・外部との接触を断たれている今の状況には、これ以上ぴったりの言葉はないだろう。



 差し入れといえば、先日、病院を訪れたときに看護師さんとこんなやりとりがあった。「食事は毎日しっかり食べておられますよ。お菓子もお好きなんですね」「あ、もしかして、あんまり届けないほうがいいんでしょうか?」「いえいえ、構いませんよ。ほかの患者さんが食べているのを、うらやましそうに見ていらっしゃることもあるので」「へっ!? そうなんですか?」

 あっちゃー。父にそんな思いをさせていたなんて、娘としてはトホホである。病院の食事も治療の一環だと思い、一度に届ける食べものの量は、あえてほどほどに抑えていたのだ。それに、これまで何度か届けたけれど、父はどうやら一気に食べてしまうらしい。

 この話を聞いた日は、たまたま多めに差し入れを用意していたので、「こちらで管理しましょうか」という看護師さんの言葉に甘えることにした。なんでもがっつり食べる父の場合、お菓子が好きというよりも、食事の量が足りないと感じているのではないか。そうだとしても、入院中の食事のことは、お任せしたほうがいい。

 そのかわり、父が入院してからずっと気になっていたことを、ぶっちゃけて質問してみた。

 「認知機能のほうは、どうでしょうか?なにぶん高齢なので、入院生活がつづくと、ちょっと心配なんですが・・・」「大丈夫ですよ。ぜんぜん問題ありません」「そうですか!」「毎日、新聞を読んでおられますし。本もお好きなんですね」「はい。ありがとうございます。安心しました」

 胸のあたりにあったもやもやが、スーッと晴れていくのを感じた。父は、どんな時でも、どこにいてもマイペース。認知機能のことで、娘が気をもんでいるとは思ってもいないのだろう。

 もちろん、それでいい。思うままに食べることと読むことを、カラダと脳の栄養源にして、93歳のリハビリは今日もつづくのだ。



【次回更新 その44】
2021年4月3週目(4月12日~16日)予定


   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その42 夢でもいいから

  2. その28 92歳の通信簿

  3. その17 昭和も平成も新元号も

  4. その29 耳掃除と寒中見舞い

  5. その23 毎度の「ごっつぉう」

  6. その15 デイケア・デビュー

  7. その21 「転倒」のち「人生の転機」

  8. その52 名言てんこもり

親の介護が必要となったら利用したい 介護サービスと利用の流れ

家族介護に必要なもの、揃ってます キャプスショップ

介護福祉の文具マーケット キャプス

脳トレブックレット

脳トレブックレット特集バナー

特集コンテンツ

  1. その61 もしもラジオで話せたら
  2. その60 いくつになっても再生
  3. その58 月に一度の便りが頼り
PAGE TOP