病院の付き添い代行を頼むと受けられるサービスは?注意点も解説

介護の豆知識

親の通院の付き添いをしたいけれど、理由があって難しいという方もいるのではないでしょうか。家族の通院の付き添いが困難な方にとって大きなサポートとなるのが、病院付き添い代行サービスです。本記事では、病院付き添い代行サービスの具体的な内容や注意点についてお伝えしていきます。

病院付き添い代行サービスとは

病院付き添い代行サービスとは、高齢者がケガや病気で入院や通院の必要がある際に、家族の代わりに付き添いをしてくれるサービスです。高齢者に限らず、身体に障がいがある方が利用できるケースもあります。

・遠方に住んでいるため病院に付き添えない
・仕事が忙しく付き添いが難しい
・子どもが小さく、手が離せない
・毎日のように病院に付き添うのは疲れてしまう

以上のような事情があるため、高齢の親の付き添いが困難だという方もいるのではないでしょうか。病院付き添い代行サービスは、これらの悩みを抱える方にとって負担の軽減となるサービスです。

病院付き添い代行サービスの具体的な内容

病院付き添い代行サービスが担える内容は、病院への同行にとどまりません。病院付き添い代行サービスはどこまでサポートしてくれるのでしょうか。具体的なサービス内容をご紹介していきましょう。

通院の付き添い

高齢者にとって、バスやタクシーの乗り降りは困難な場合も。転倒などのリスクもあるため注意が必要です。病院付き添い代行サービスを頼めば、付き添い者が通院時の歩行介助や車いす介助を行います。病院に到着後も引き続き院内での介助が可能です。

受診や検査、診察等の付き添い

高齢者にとって、医師からの病状の説明など医療用語を含んだ話は難しく感じるでしょう。病院付き添い代行サービスは、介護ヘルパーでは同行できない診察室へも付き添いが可能なケースがあります。その場合は、受診時の医師の説明も一緒に聞いてもらうことが可能です。
看護師の資格を持ったスタッフの場合、医療用語をわかりやすく説明してくれるという安心感もあります。

入退院の付き添い

入退院時の準備や荷物の移動なども病院付き添い代行サービスの一環です。退院時にも身の回りの片付けや荷造りなどを頼めます。
入院中は高齢者に限らず、誰しも不安を感じるもの。入院中の介助や見守りはもちろん、話し相手になるなど精神面でのサポートもしてくれます。

ワクチン接種の付き添い

ワクチン接種時の病院や接種会場への付き添いも依頼が可能です。接種会場への送迎も付き添い者が安全にサポートします。
ただし、接種会場によっては同行が難しい場合も。事前に付き添いが可能かどうか確認しておくとよいでしょう。

病院付き添い代行を依頼するときの注意点

心強いサポートが受けられる病院付き添い代行サービスですが、注意点があります。詳しくお伝えしていきましょう。

介護保険の対象なのか確認しておく

介護保険制度により、要支援および要介護状態となったときには、介護保険サービスが受けられます。この介護保険サービスの一環として派遣されるホームヘルパーは通院介助が可能です。ただし、介護保険の適用範囲内となる通院介助は、サービス内容に制限があるので注意が必要です。
介護保険の範囲内では、病院付き添い代行サービスはどこまで受けられるのでしょうか。主なサービス内容を挙げましょう。

・通院の準備(診察券の準備や着替えなど)
・徒歩や車いすでの移動の介助
・公共交通機関やタクシーでの移動の介助
・移動中の体調確認
・診察券の提出など受診手続きの補助
・診療科までの移動の介助
・料金の支払いや薬の受け取りにおける介助

以上が介護保険の対象となる病院付き添いサービスです。介護保険を通した病院付き添いサービスの料金は、徒歩または車いすでの移動や公共交通機関での移動の場合「身体介護」として算出します。
た とえば、20分未満の身体介護は167単位となります。基本的には1単位を10円として計算するため、この場合は1,670円です。支払う料金は利用者の自己負担額によって変わってきます。

付き添い代行ではできないこともある

前述した通り、介護保険の範囲内で受けられる病院付き添いサービスには制限があります。介護保険の適用範囲内での病院付き添い代行サービスで、できない項目を挙げましょう。

・通院のついでに店や銀行など他所に寄る
・自宅以外の場所を発着地にする
・ヘルパーや利用者宅の車で移動する
・診察室の中まで入り医師の説明を聞く
 など

以上のようなサービスを受けたい場合には、介護保険外の自費サービスを依頼する必要があります。介護保険外の病院付き添いサービスの料金は、事業所によってさまざまです。利用を検討する方は、事前にサービス内容や料金をよく確認しておきましょう。
また、通院付き添いなど外出の手伝いをボランティアの協力で提供している市区町村のサービスもあります。お住まいの市区町村で調べてみるとよいでしょう。

まとめ

病院付き添い代行は付き添いが困難な家族に代わり、高齢者やサポートが必要な方の通院に同行するサービスです。通院の同行以外にも、入院時の世話など、さまざまなサービスが受けられます。介護保険の範囲内ではまかなえないサービスを依頼できる事業所もあるため、必要なサービスを検討して依頼するとよいでしょう。

りんご

りんご

5年にわたり祖母の介護を経験。その経験を元に、介護の世界へ。 現在はライターとして介護の記事を中心に執筆中。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP