その37 やってて良かった

 父とは、また会えなくなった。

 新しい日常がはじまったと思った矢先、「全国的に新型コロナウイルスが感染拡大傾向にあるため」という理由で、父がお世話になっている老人ホームは再び面会禁止になった。巷ではGoToトラベルキャンペーンが話題になっていた、7月の終わりのことだ。

 あらゆる手立てで入居者を守ってくださる、ホームの方々の素早い対応には感謝の言葉しかない。本当にありがとうございます。

 面会禁止になる前日、父に会ってそのことを告げると、「ありゃあ、またか。ま、しょうがないのう」と力なく笑った。そして、帰り際にはいつものように、私のカラダを気づかってくれた。「無理せんようにの。また会おうの」「うん。お盆に会えたらいいね」

 それから面会できない日々は続き、結局、お盆にも会うことは叶わなかった。
ステイホームのお盆を過ごしてみて、あらためて思ったことがある。ここ数年の父の決断は、すべていい時期に、いい方法を選んでくれたと。

 たとえば、故郷の「墓じまい」をして、いつでもお参りに行ける永代供養の納骨堂に移したこと。誰も住んでいない実家を解体して「家じまい」をしたこと。どちらも後回しにしていたら、コロナ禍ではお墓も家も放っておくしかなく、考えただけでストレスになったに違いない。

 そして、一番大きかったのは、昨年の夏、父自身の希望で老人ホームに入居したことだ。ある日、父から「ホームで暮らすんも、なかなかええらしい」と言われたとき、娘としては複雑な気持ちだった。まだ早いと思ったし、私との生活に不満があるのだろうかと、胸のあたりがザワついたのだ。

 「同じような歳の者が集まっとるから、囲碁の相手もおるじゃろうし。元気なうちに、いろいろやってみよう思うんじゃ」と、前向きな言葉を重ねる父。それならば試しに・・・と、以前からデイサービスに通って囲碁仲間もできていた、顔なじみのホームに入居させてもらうことになった。

 父がホームの生活に慣れたころ、コロナ騒動が起こった。もちろん、こうなることを父が予想していたワケではない。けれど、介護と看護のプロの方々が見守ってくださっているホームは、父にとっても、私にとっても、今いちばん安心できる場所だ。

 
 会えない寂しさはあるけれど、安全にはかえられない。あのまま家で一緒に暮らしていたら、じっとしていることが何より苦手な父に、ステイホームを強いるのは難しかっただろう。

 思えば、私の留守中に出かけて、マンションの玄関先でコケたこともあった。熱中症になりそうな日でも「散歩せんとカラダがなまる」と言い張り、汗びっしょりで帰って来たこともあった。どれも大事には至らなかったが、コロナ禍ではどうなっていたか、想像すると冷や汗が出る。

 何ごとも思い立ったが吉日。善は急げ。せっかちな父には振り回されることもあるが、その行動力のおかげで、わが家の気がかりをずいぶん片付けてもらった。

 いつ、どんなことが起こるかわからない。やろうと思ったことは、後回しにせずやっておけと、父とコロナが無言で教えてくれた気がする。

 が、わかっちゃいるけど、なかなかできないんですよね。ステイホームに慣れきった私が「よっこらしょ」と重い腰を上げるのは、まだ少し先になりそうだ。

⇐その38 人生の衣替え

その36 なるようにはなる⇒

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その24 ようがんばっとる脳

  2. 第66話 プロ野球開幕

  3. 大切だけど時間がかかって大変な紙の写真などを一挙にデータ化!写真整理サービス

  4. 第65話 職業病

  5. その1 ぬか喜びと拍子ぬけ

  6. 2020年11月2日(月)

  7. その20 百歳へのシナリオ

  8. その1 「置けてしまう」というワナ

  9. 観葉植物初心者にも人気!大小の葉が広がる花のように美しいエケべリア

特集コンテンツ

  1. その39 食べんとはじまらん
  2. 第71話 笑顔
  3. ネコの折り方 Cat

Ranking

PAGE TOP