その28 92歳の通信簿

 父の令和元年は、第四の人生の元年になった。

 55歳で定年退職を迎えた父は、母と二人で生まれ故郷に帰る選択をした。これが第二の人生のスタートならば、70代で母に先立たれ、祖母も看取り、家じまいをして私と暮らしはじめたのが第三の人生。そして、父が描いた第四の人生は、90代になったら老人ホームで暮らすというシナリオだった。

 父はつねに、自分の生き方の中長期計画を立てている。と言うと、何事にもきっちりした性格だと思われるかもしれないが、決してそんなことはない。おおらかで、ほがらかで、良くも悪くもざっくり。そんな父が、なぜかこれからの人生設計には余念がないのだ。

 世間では「終活」と呼ばれていることかもしれない。けれど、父のそれは、もうちょっと前向きな匂いがする。

 そのシナリオが動き出したのは、92歳を前にした今年の初夏のこと。いつもデイサービスでお世話になっている、高齢者施設の介護付き有料老人ホームに入居することになった。きっかけは、私の留守中に転倒したことだったが、父の希望通りのホームに入居できる流れになったのは、まさに怪我の功名。今思えば幸運だったのだろう。


 

 5年前、87歳で癌の手術を受けて退院したとき、父の目標は東京オリンピックまで生きることだった。本人は冗談まじりに言っていたが、その目標はどうやらクリアできそうだ。「カープが優勝するまでは死ねんのう」という願いも、リーグ3連覇という、おつりがくるくらいの結果で叶っている。

 そして、ホームに入居して半年経ったある日、父の口から出たのは、ゴールを設定しないこれからのシナリオだった。介護と看護を担当してくださるスタッフの方々と、家族を交えたカンファレンスの席で、父は開口一番こう言った。

 「おかげさまでますます元気になって、なかなか死なんような気がしますわ。まぁ、いずれは病院に行くことになるんでしょうが、しばらくはお世話になりたいと思うとります。みなさんにようしてもろうて、ありがたいことです」。

 自分の人生設計を、さらに延長して語りはじめた父の元気度は、数字にもあらわれていた。

 カンファレンスでは、父の日常生活の様子が運動項目と認知項目によって評価され、今後の目標とそれをクリアするためのプランが話し合われる。生活通信簿のようなその評価を見ると、入居した直後のカンファレンスよりも点数がかなり上がっていた。課題だった補聴器のつけ忘れも、ほとんどなくなったようだ。

 その結果、コミュニケーションの評価も一段階アップして、みなさんと楽しく交流するために新調した補聴器は、今のところ役目を果たしてくれている。それもこれも、親身になって対応してくださるスタッフの方々と、囲碁や麻雀に付き合ってくださるお仲間のおかげだ。

 第四の人生が、これほど前向きな展開になることを、父が想定していたかどうかはわからない。けれど、92歳の通信簿は、これからまだ成績が上がる余地がありそうだ。

 令和という新しい時代のはじまりに、人間はいくつになっても更新できることを、父が見せつけてくれたのである。

【次回更新 その29】
2020年1月4週目(1月20日~24日)予定

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その18 「ごきげんさん」な出会い

  2. その6 生き運バンザイ

  3. その26 そこはひとつ小声で

  4. その13 91歳のターミネーター

  5. その10 おとぼけ親子のうっかり

  6. その31 はなせばわかる

  7. その21 「転倒」のち「人生の転機」

  8. その29 耳掃除と寒中見舞い

  9. その19 ほがらかのチカラ

特集コンテンツ

  1. 特別ひろう話 その1 久しぶりの外出
  2. その1 「置けてしまう」というワナ
  3. ハオルチア オブツーサ -Haworthia obtusa-

Ranking

PAGE TOP