その22 三度目の補聴器

 父が、あれほど嫌がっていた補聴器を「買おうか」と言い出した。

 左の耳は全く聴こえず、右の耳もかなり遠い父は、これまでにも何度か補聴器にトライしてきた。けれど、雑音が気になって頭が痛くなることを理由に、いつの間にか使わなくなる。右耳に手をそえるしぐさをして、「こうしたほうが人の声だけよう聴こえる」というのが父の言い分だ。笑いながら「都合の悪いことは聴こえんほうがラクじゃし」と言われては、引き下がるしかない。

 調整して使い慣れれば便利だと思うのだが、無理強いはできないので、今までは父の言う通りにしてきた。その結果、病院や公的な手続きなど大切な話がある時は、いつも私が通訳がわりになっている。父は聴き返すことをあまりしないので、相手の話が聴き取れないまま適当に相づちを打ってしまうからだ。

 それでも補聴器を嫌がっていた父が、自分からもう一度、興味を示したことに驚いた。きっかけは多分、父が希望していた老人ホームへの入居が決まったことだ。

 そこに通訳の私はいない。もちろん、ホームのスタッフの方たちは、耳の遠い入居者に慣れておられるので心配はない。むしろ、身内の私より懇切丁寧に接してくださると思う。けれど、新しい環境でみなさんとコミュニケーションを取るためには、補聴器があったほうがいいと、父は考えたのだろう。

 思い立ったが吉日。その気になった父の言葉に乗っかって、「じゃあ、どんな補聴器があるか見に行ってみようか」と、早速出かけることにした。実は、日頃から補聴器に関する情報はチェックしていたので、評判のいい補聴器専門店があることを知っていたのだ。

 と言っても、私と暮らすようになってから、他店で買った二つの補聴器がすでにお役ごめんになっている。三度目の補聴器が三度目の正直になるといいんだけど・・・期待と不安、半信半疑で店のドアを開けた。

 カウンセリングがはじまると、父は前のめりで自分の耳のことや補聴器遍歴を語り出した。「もう92歳になりますから、耳も老化でしょうがないですわぁ。そのほかは健康なんで、もうちょっと生きるんじゃないかと思うとります。ちーとでも耳が聴こえやすくなったら、ええんですけどねぇ。ありますか、ええ補聴器が・・・」話が止まらない。すでに買う気満々だ。

 そうなると、私のほうはちょっと冷静になる。これまで父が使ってきた補聴器のNG事例を思い浮かべながら、希望をすべて伝えた。雑音が少ないこと。着けはずしが簡単なこと。着けた時の違和感が少ないこと。なくしにくい大きさで、しかも軽いこと。そして、父があまり器用でないことも小声で伝えた。

 父と娘が寄ってたかって話すことを、笑顔でうなずきながら聴いてくれた担当者のおすすめは、耳かけ型の補聴器だった。試しに着けてみた父は「軽いですなぁ。よう聴こえます。雑音は気になりません。いくらですか?」と、いつもながら気がはやい。

 けれど、前回、けっこう高価なオーダーメイドの補聴器を買った時も、最初は「こりゃあええ」と言っていた。今回は、より慎重に着け心地を確認したところ、「今までのとは全然違う」と、父はいつになくキッパリ言い切った。

 数日後、オーダーした補聴器を受け取りに行った父は、「これで30歳は若返りましたわぁ。それでも60歳の還暦は過ぎとりますが。あははは・・・」とハイテンションだった。

 父は自分の判断で、新しい生活の準備を補聴器からスタートした。90代になっても苦手意識を克服して、いろんなチャレンジができることを、身をもって教えてくれた気がする。どうか、今度こそ、三度目の正直になりますように。

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その23 毎度の「ごっつぉう」

  2. その30 気のすむまでどうぞ

  3. その4 聞こえぬが花

  4. その15 デイケア・デビュー

  5. その7 「ねん金」と「ねる金」

  6. その24 ようがんばっとる脳

  7. その32 「会える」という幸せ

  8. その17 昭和も平成も新元号も

  9. その37 やってて良かった

特集コンテンツ

  1. 介護システムを価格や知名度で選んで失敗とならないための選び方
  2. その38 人生の衣替え
  3. 第70話 親のありがたみ

Ranking

PAGE TOP