その6 生き運バンザイ

 父は、九死に一生を得て90歳になった。

 これまでの人生の中で、いのち拾いをしたことは何度かあったらしいが、最も古い記憶は井戸からの生還劇だという。

 それは、父がまだ3歳だった春のこと。道端に咲いていた黄色い花を摘んで、近くにあった井戸をのぞきこんだ。手に持った花をゆらすと、水に映る花もゆれる。それがおもしろくて身を乗り出した瞬間、ドボン! 井戸の中に落ちてしまった。人通りのない場所だったので、運が悪ければ見つけてもらえなかったかもしれない。

 けれど、父には生き運があった。たまたま通りかかった娘さんが、落ちた瞬間を見ていたのだ。「誰か助けて!」と娘さんは叫んだが、あたりには誰もいない。すると、そばに置いてあった竹竿を井戸に差しこんで、「手を離しちゃいけんよ!」と何度も声をかけ、懸命に引っぱり上げてくれた。竹竿の先には水を汲むための桶が付いていて、幼い父はそれに必死でしがみついていたそうだ。

 深さが10mくらいあった井戸だったので、「若い娘が、よう一人で助けたもんじゃ」と評判になり、いい縁談が決まったという後日談もあったらしい。

 90歳になった今も、昨日のことのように話す父の言葉からは、感謝の気持ちがありありと伝わってくる。その娘さんがいなければ、父も私もいなかったかもしれない。人はきっと、名も知らぬ誰かに助けられながら生きているのだろう。

 そして、父の最も新しい九死に一生の記憶は、癌の手術をしたことだ。今から3年前、87歳のときに父の肝臓に癌が見つかった。何もしなければ余命1年と告げられたが、カテーテルによる治療を繰り返し、小さくなった腫瘍を切除できる可能性が出てきた。

 そのことを父に伝えると、「この歳で切ったはったは、もうええ」と首を横にふった。私も父の意思を尊重しようと思ったが、とりあえず外科の先生から詳しい話を聞いてみることにした。

 「この歳で…」と父が口を開くと、「この手術に年齢は関係ないんですよ。80代でも60代並みの体力がある方もいて、こればっかりは個人差なので…」と言われた。そして、「とても87歳には見えませんよ。お若いですねぇ。検査結果も体力があると出ています」と。それを聞いた瞬間、父の顔がパッとほころんだ。

 若々しくて体力がある。この言葉が父の心に響いて、背中を押したらしい。数日後には「悪いもんをずっと持っとるより勝負が早い。よし!手術しよう」と、きっぱり決断した。何の勝負かはよくわからないが、その勢いに押されて私も「うん!がんばろう」と応えていた。

 おかげさまで手術は成功し、3年経った今も父の肝臓はすこぶる元気だ。定期検診から帰ってくるたび、「わしには体力と生き運があるんじゃのう」と笑っている。

 言葉にいのちを救われることもある。そのことを、父の決断と生き運が教えてくれた。

⇐その7 「ねん金」と「ねる金」

その5 これも富士山のご利益?⇒

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その19 ほがらかのチカラ

  2. その33 こんなときこそ言葉の力

  3. その23 毎度の「ごっつぉう」

  4. その36 なるようにはなる

  5. その25 ほどほどのおもてなし

  6. その29 耳掃除と寒中見舞い

  7. その22 三度目の補聴器

  8. その11 非常事態の顛末記

  9. その38 人生の衣替え

特集コンテンツ

  1. その39 食べんとはじまらん
  2. 第71話 笑顔
  3. ネコの折り方 Cat

Ranking

PAGE TOP