特別ひろう話 その8 コロナ禍、過信は禁物!

変な自信を持ってませんか? 人との約束ごとで3密になる場所に行くのを優先するとか、スケジュールや段取りを優先して行動を優先するとか。
その時には、自分がコロナにかかるなんて思いは全くありませんよね。ただ『私は大丈夫だろう』という安易な気持ちと、マスク・手洗いをやってれば安心という気持ちだけです。
でも、この大丈夫だ~! という気持ちを自制しなければこのコロナ禍では大変になることを……と最近考えさされます。特に医療崩壊が叫ばれている昨今(記載日は2020/12/20現在)、ひとり一人の自制が必要だと思います。 もしかかったら、を考えて行動しましょう。

強い体づくりの一貫として『毎朝の乾布摩擦』にチャレンジ

乾布摩擦は医学的根拠に賛否両論あるみたいです。
自分流でいえることは、春から始め、半年かけて寒さから体をならさせ、冬や極寒の二月に向かうことだなと思ってます。
これから始められる方は来年の春から無理なくやられた方がいいかなと思ってます。
昔から乾布摩擦をやってらっしゃる方には風邪一つ引いたことがないといわれる方が多いみたいです。やはりなにかあるのでしょうね。

<準備するもの>
タオル
これだけです。

試してみました!

コロナ禍の中、やはり健康が一番と始めてみました。というより1年をかけて試してみたということになるのでしょうか?
結果は来年の3月となります。
この9か月は、風邪の「か」の字もありません。

【個人的な結論】
身体が強くなってきた感じはします。
どうやらネットでは、免疫力の向上・冷え性の緩和・新陳代謝のアップがあげられていますがよくわかりません。
ま、とりあえずやってみてからが結論です。

もっといい方法あるよ!の投稿コーナー

チャレン爺ご紹介した内容以外よりいい方法があればお教えください。機会があればおためしチャレン爺してみます! 

ご意見・ご感想は以下アドレスまで!
wordpress@caps-channel.jp

 
登場人物
女房姫
僕の奥さん、現在65歳血液型A型。しっかりもの。企業戦士で家を顧みなかった僕に代わって頑張ってきた。
僕70歳、血液型B型。70歳で退職して家のことをなんとか手伝いをしている毎日。子ども二人、外孫3人で現在女房姫と二人暮らし。
ワンちゃん
トイプードル9歳、性格は人好き、ワンちゃん好きで外面よく家ではわがままな可愛い子である。
近所のおばちゃん
名前・年齢は不明。ワンちゃんの散歩に挨拶する程度だがワンちゃんたちは親密な関係だと思う。
近所の奥さん
名前・年齢は不明。多分娘と同じくらいだと思う。ワンちゃんの散歩の時に良く可愛がってくれる。
近所のお姉ちゃん
名前・年齢は不明。多分高校生くらいだと思う。ワンちゃんを良く可愛がってくれる。
 

profile


森本 好秀(もりもと よしひで)
自分史アドバイザーの資格を取り、自分史自費出版教室の講師を務めています。著者として9年前にkindle(電子書籍)で4コマ漫画「家庭菜園仰天日記」を出版。それから4コマ漫画にはまり描き続けています。中学高校と美術部で活動し、日本デザイナー学院の教務経験からデザイナー関係の人脈を多少築き、その関係から広告代理店に30年勤め、製版会社に7年、そして印刷会社に勤めて9年。現在はYouTubeやら4コマを中心にプチ作家生活を楽しんでいます。

関連記事

  1. 寄せ植えアレンジで大活躍!カラフルでぷくぷくした葉が可愛いセダム

  2. その17 コロナ?コロナ○コロナ×。~とこっと!

  3. 2020年11月2日(月)

  4. 第56話 デイのおやつ

  5. 特別ひろう話 その4 カメムシ惨状

  6. その29 耳掃除と寒中見舞い

  7. 第75話 地図

  8. 訪問理美容ってこんな仕事

  9. 第55話 悪いのは…!?

特集コンテンツ

  1. 第80話 テイクアウト
  2. 小さなキッカケを集めて社会へ浸透させる
  3. その50 すべての動作はトイレに通ず

Ranking

PAGE TOP