特別ひろう話 その7 勇気なしコロナ警察顛末記

こころの中で叫んでいませんか? 私はよく叫びます。特に昨今のコロナ禍での他人のことが気になります。マスクしとらん! ピーチク、パーチクしゃべるんじゃあない! などと心の中で叫んでいます。

コロナへの恐怖心からそうなるのでしょうね?? でも口に出して叫ぶほど勇気は持ち合わせていません。そう思っても目を合わせたら背けるタイプですから……。

4コマ漫画で我が家のあるあるを面白く紹介しています。 歳を拾っても楽しいことをいっぱいしたいでしょよね! と思いますよね(笑)

マスクホルダー作成にチャレンジ!

手持ちのハンカチをマスク代わりに利用するというものです。
<準備するもの>
①いつも持っているハンカチ
②クリップ(風で帽子が飛ばないようにするクリップ)×4つ
③ゴムひも 適当な長さ×2本
以上です。クリップとゴムひもは百均いけばあります。


もうお分かりと思いますが、このように二つ折り下ハンカチに左右クリップでとめ耳にかけマスク代わりにするというものです。簡単でしょ!

食事をするときには、クリップを上に移動させ、図のようにすれば、スポーツ用のマスクと同じように下部分がヒラヒラになりますから便利です。

試してみました

ハンカチの大きさは、21cm×21cmと24cm×24cmがあります。
顔の大きさを考慮にすると

21cm×21cmのハンカチが丁度いいみたいです。
ゴムの長さ調整するものがあればハンカチの大きさに関係なく使えます。

ショッピングモールで使用してみて、恥ずかしくもなかったです。

というのも、最近は色とりどりのマスクやファッションマスクが流行していて、ハンカチの派手さが気になりませんでした。

【個人的な結論、いや実際に使ってます】

このホルダーを袋に入れマスク忘れの場合にハンカチで対応できるように現在常備しています。もしやの時にとっても便利です。 ハンカチマスクホルダーセットと呼んでます。

もっといい方法あるよ!の投稿コーナー

チャレン爺ご紹介した内容以外よりいい方法があればお教えください。機会があればおためしチャレン爺してみます! 

ご意見・ご感想は以下アドレスまで!
wordpress@caps-channel.jp

 
登場人物
女房姫
僕の奥さん、現在65歳血液型A型。しっかりもの。企業戦士で家を顧みなかった僕に代わって頑張ってきた。
僕70歳、血液型B型。70歳で退職して家のことをなんとか手伝いをしている毎日。子ども二人、外孫3人で現在女房姫と二人暮らし。
ワンちゃん
トイプードル9歳、性格は人好き、ワンちゃん好きで外面よく家ではわがままな可愛い子である。
近所のおばちゃん
名前・年齢は不明。ワンちゃんの散歩に挨拶する程度だがワンちゃんたちは親密な関係だと思う。
近所の奥さん
名前・年齢は不明。多分娘と同じくらいだと思う。ワンちゃんの散歩の時に良く可愛がってくれる。
近所のお姉ちゃん
名前・年齢は不明。多分高校生くらいだと思う。ワンちゃんを良く可愛がってくれる。
 

profile


森本 好秀(もりもと よしひで)
自分史アドバイザーの資格を取り、自分史自費出版教室の講師を務めています。著者として9年前にkindle(電子書籍)で4コマ漫画「家庭菜園仰天日記」を出版。それから4コマ漫画にはまり描き続けています。中学高校と美術部で活動し、日本デザイナー学院の教務経験からデザイナー関係の人脈を多少築き、その関係から広告代理店に30年勤め、製版会社に7年、そして印刷会社に勤めて9年。現在はYouTubeやら4コマを中心にプチ作家生活を楽しんでいます。

関連記事

  1. 2020年11月30日(月)

  2. うんざりな親の家の片づけを整理収納アドバイザーのアドバイス! 「使わないけどたくさんほしい」 は、使…

  3. 第68話 じいちゃんねる

  4. その35 わちゃわちゃの日常

  5. 実家の片づけのコツとは?
    犬を飼えば服が変わるライフスタイルの変化の気づき方
    【46…

  6. その19 我が家は薬草園

  7. 特別ひろう話 その9 僕が死んだら

  8. その35 女房ワクチンからの~、にわか主夫

親の介護が必要となったら利用したい 介護サービスと利用の流れ

家族介護に必要なもの、揃ってます キャプスショップ

介護福祉の文具マーケット キャプス

脳トレブックレット

脳トレブックレット特集バナー

特集コンテンツ

  1. その61 もしもラジオで話せたら
  2. その60 いくつになっても再生
  3. その58 月に一度の便りが頼り
PAGE TOP