その39 食べんとはじまらん

 父の一日は、食べることを中心にまわっている。

 どんなことがあっても朝昼晩、きっちり食べなければチカラが出ない。たとえば、定期検診を受けるために絶食すると、たった一食抜いただけとは思えないほど弱っていく。それはもう芝居がかって見えるくらいフラフラだ。

 「腹が減ったのう。食べとらんからのう。腹が減ったわい」と、検査を前にした父の口から出る言葉は、食べることばかり。付き添う私の役目は、検査を終えたらすぐに食事ができる段取りをすることだ。

 絶食分を取り戻すように食べる父。みるみる元気になって、エネルギーチャージ完了!という顔をしている。その姿を見ていると、検査でどんな結果が出たとしても、食べれば治るんじゃないかとさえ思えてくる。

 たった一食。されど一食。沖縄では、食べ物のことを命の薬「ヌチグスイ」と言うそうだが、父の93年間はまさにヌチグスイの賜物だ。すべて自前の丈夫な歯も、ヌチグスイ効果を倍増させてきたのだろう。

 父がお世話になっている老人ホームは、料理がおいしいと評判だ。入居前に私も食べさせてもらったが、さすがプロの手による高齢者食。栄養面の配慮もさることながら、旨みを感じる味つけのおいしくてヘルシーな料理だった。午前10時と午後3時に「おやつ」も出るので、食いしん坊な父にとっては至れり尽せりの食生活だ。

 ただ、入居した直後は、父の食欲に対してご飯の量が足りなかったようだ。かなりの早食いなので、満腹中枢が刺激される前に食べ終わってしまうのも原因だと思う。よく噛んでゆっくり食べることを宿題にしつつ、健康管理に支障のない範囲で量を増やしてもらった。

 そんな父は、ホームの料理クラブにも参加している。ちらし寿司をつくった日は、うちわで酢飯をあおぐ役目を仰せつかったらしい。後片付けも率先してやっているそうで、父が楽しそうにテーブルを拭いている写真も見せてもらった。

 そういえば、私が台所に立っていると、父はいつも「なんか手伝おうか」と声をかけてきた。「すぐできるから座っといて」と返事をするのが常だったが、私にもう少し余裕があれば、いろいろ手伝ってもらっていたかもしれない。ついつい自分でやったほうが早いと思ってしまう。そのせいで、父の活躍の場を奪っていたことに、胸がチクッとした写真でもあった。




 父は私と顔を合わせるたびに「ちゃんと食べとるか?」「今日は何を食べたか?」と、天気の話をするように食べる話をする。

 けれど、コロナ対策の面会制限が解除されて、久しぶりに会ったときは「食べとるか?」とは訊かなかった。そのかわり「元気のかたまりじゃのう」と声を出して笑い、私の肩をぽんぽんとたたいた。父にひと目で見破られるくらいのコロナ太りだったのだ。

 何ごとも食べんとはじまらん。そんな教育を受けて育った私だが、日々の食事をヌチグスイにするには、いい塩梅を学習しなければならないようだ。

その38 人生の衣替え⇒

【次回更新 その40】
2020年12月3週目(12月14日~18日)予定

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. その23 毎度の「ごっつぉう」

  2. その4 息子のお下がりを着た私、
    人は減っても服は減らない実家の秘密

  3. その3 カードでピッと墓参り

  4. 第71話 笑顔

  5. その35 わちゃわちゃの日常

  6. その28 92歳の通信簿

  7. 特別ひろう話 その2 山菜定しょく

  8. 第56話 デイのおやつ

  9. 特別ひろう話 その5 おいでませカメムシ

特集コンテンツ

  1. その39 食べんとはじまらん
  2. 第71話 笑顔
  3. ネコの折り方 Cat

Ranking

PAGE TOP