その52 名言てんこもり

 父の言葉を、思わず書きとめた。

 私が油断しているときに限って、父はふっと「ええこと」を言う。今回のそれは、髭剃り用の電気シェーバーが壊れて、新しいものを届けに行ったときのことだった。

 白毛まじりの髭をジョリジョリしながら「おお、こりゃあええ。よう剃れるわぁ」と、いつものように「こりゃあええ」を繰り返す父。私が選んで買ってきたものに、父が文句をつけることはほとんどない。間髪をいれず、気に入ったという素振りを見せる。心の中で「いやいや、使いやすいかどうか、ちゃんと試しからにしてよ」と思わなくもないが、髭剃りあとの父の顔はさっぱりしていた。

 部屋を見回して「ほかに何か不自由なことはない?」と訊いた私に、「ない」と即答した父は、こう続けた。
「不自由かどうかは気持ちの問題じゃ。欲を出せば不自由になる」。

 おー、響いた。いきなり直球の名言である。「足るを知る」を父なりの言葉にすると、こうなるのか。
ちなみに「足るを知る」は、満足することを知っている人間は豊かだという老子の教え「知足者富」に由来しているそうだ。父が何げなく口にする「こりゃあええ」という言葉は、私への気づかいであると同時に、今この状況に満足しているという意思表示なのかもしれない。

 髭剃りをきっかけに、「欲を出せば不自由になる」という94歳の達観を垣間見ることになったのである。
 

 では、父が全くの無欲かというと、そうではない。人間だもの。

 食べることに関しては、「量」に対する欲がある。口いっぱいに頬張って、おなかいっぱいになるまで食べないと満足できない。そうでなくては、食べた気がしないのだと言う。好き嫌いなく盛んに食べる人のことを健啖家というが、まさに父のことだ。年を感じさせぬ健啖ぶりは、それはそれであっぱれである。

 そのガッツリ欲も、今の生活では満たされているので「不自由はない」と言い切れるのだろう。父がお世話になっている老人ホームの栄養士さんや調理してくださる方々のおかげである。父の元気のもとは、食べることなのだから。

 そういえば、父はこんなことも言っていた。

 父と顔を合わせるたびに「大丈夫?」と訊くのが、私の口ぐせになっていたある日。「わしの心配はせんでええから、自分のことを心配せえ。わしは大丈夫じゃ」と、父はいつになく真顔で言った。もしかしたら、私が疲れた顔をしていたのかもしれない。

 「お父さんに会うと楽しくて、元気になるから大丈夫よ」。私がそう言うと「ほうか。じゃあ、もっと元気を分けられるよう、わしが元気を蓄えとかんといけんの」と父は笑った。

 誰かを元気にしたいなら、まず自分が元気を蓄えておくこと。これも、私の胸にズキュンときた父の言葉だ。ごはんも、名言も、てんこもり。父は今日も元気である。

                        


【次回更新 その53】
2022年1月3週目(1月11日~14日)予定

   

profile


角田雅子(かくだ まさこ)
広島市在住。コピーライター、ラジオ番組の放送作家。広告制作会社を経てフリーランスに。備えあればと思い立ち、介護食士やホームヘルパーなどの資格を取得。座右の銘は「自分のきげんは自分でとろう」。
 

関連記事

  1. 第56話 デイのおやつ

  2. その2 転ばぬ先の手ぶら

  3. その42 夢でもいいから

  4. その50 すべての動作はトイレに通ず

  5. 第63話 コロナ自粛

  6. 第61話 料理教室

  7. ネコの折り方 Cat

  8. 感染リスク削減にもペーパーレスを

家族介護に必要なもの、揃ってます キャプスプラス

介護福祉の文具マーケット キャプス

脳トレブックレット

脳トレブックレット特集バナー

特集コンテンツ

  1. 親の介護がしんどいと感じたときの自分の時間の作り方
  2. ヘルパーさん必見!薬をセットするカレンダーのおすすめ5選
  3. 訪問看護におけるBCP(事業継続計画)とは?
PAGE TOP