第61号

 キャプスがサポートさせていただいているお客様をご紹介する「きゃぷすのわ」。第2回目は、広島県で居宅、訪問、通所、放課後等児童デイサービス事業などを展開するCommon株式会社様です。

◆事業所・施設の紹介・自慢をお願いいたします!

 Common株式会社では病気や障害があっても住み慣れた地域、自宅で利用者様の望む生活ができるよう専門職が計画 をし、訪問介護、通所介護、児童デイサービスと連携をとりきめ細やかで柔軟な対応を心がけています。また、子どもと高齢者の交流を特徴とした共生型サービスの提供や、地域へのスペースの提供、カラオケルームの設置等、幅広い年代への地域貢献を心がけています。

◆施設の目指していることを教えてください。

 社名の由来である利用者様と共に喜びや楽しみを共有し、
社員が結束してサービスを提供することを継続していきたい
と思っています。また利用者様の「~したい」との思いを形に
できるよう、オーダーメイドのサービスが提供できる事業所を
目指しています。

◆キャプスにひとこと!

 具体的ではない要望にも色々な選択肢を提案してくださり、
迅速な対応でできあがったものはいつもイメージ通りです。
他社でありながら、自社であるかのような親切で丁寧な関わ
りに感謝しています。

◆キャプス担当者のコメント

オープン当初からご縁を頂いているCommon株式会社様。これまでサービス記録用紙やマグネット、パンフレットなど数多くの印刷物を作成させていただいており、いつもありがとうございます! 松永社長をはじめ、すべての職員さんが素敵な笑顔で対応されているのを見て、いつも刺激を頂いています。これからも印刷物や商品を通して、少しでもその笑顔が増えるような提案をさせていただければ幸いです!

 日ごろから、高齢の方、障がいをお持ちの方に寄り添い、ケア、サポートにあたられているみなさま、はじめまして。「心をつなぐ、寄り添う終活の総合サポート なな行政書士法人」です。今号から高齢の方に密着した法律情報をはじめ、当法人が終活に取り組む中での話題を中心に、誌面を通じてみなさまとつながりたい、と願いながら書いてまいります。どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。

 猛スピードで超高齢化社会へ変化した日本。なのに私たちの生活に密着したルールとなる民法(相続に関する分野)はこの40年間変わりませんでした。ようやく、少しずつ法律が日本の現状に追いつこうとしているようです。


なな行政書士法人
女性スタッフ3人で、シニア世代の終活ゆとりサポートを中心に活動しています。任意後見契約のご相談をはじめ、独 居高齢者の支援、障がいを持つ子の親亡きあとの支援など、「心をつなぐ寄り添う終活」を平和都市広島から発信して おります。
〒732-0828 広島市南区京橋町 9-15-301 TEL 082-262-7701 http://www.nana-gsh.com

デスクワークで腰が不自然に固まり、だるくなっている方のためのエクササイズです。まずは骨盤をゆっくり起こすことから始めましょう。1時間に1度の頻度でこのエクササイズをすると腰痛予防にもなります。

デスクでこっそり腰痛予防

❶イスに座り足を肩幅ほど広げ、脱力して骨盤を後ろに倒す。息を吸いながら骨盤を手のひらで押し上げるようにして、座面に対して垂直になるまでゆっくり起こす。座骨の頂点が座面に立っているかを確認。5回繰り返す。

❷骨盤を後ろに倒す→垂直→少し前へ倒す。腰に負担がかからない気持の良い角度を探す。そこが骨盤のベストポジション。5回繰り返す。

❸骨盤を後ろに倒す→垂直→少し前→息を吐きながらさらに前方へ。この時、下腹の力を抜き太腿におなかをのせるようにすると倒しやすい。目線は前、背中を丸めないこと。太ももの裏も伸びてそう快に。5回繰り返す。

❹最後は骨盤を後ろに倒す→垂直→少し前のベストポジションをとって深呼吸。手のひらで背中の筋肉に触れ柔らかくなっていたら腰がほぐれた証拠。

YOKO METHOD 主宰 斎藤洋子

病弱だった幼少期から大好きなダンスを通して健康になり、身体を動かすことの大切さを実感。モダンダンス、バレエ、ジャズダンスのインストラクターを経て 20 代から中高年のための無理のないエクササイズに注目し研究を重ね、「やさしいイス体操」を考案。2018 年ジャイロキネシス認定トレーナーの資格を取得。

視力とちがって、検査される機会もなく、あまり意識されない視野。静止している状態での左右両方の目で見える視野は水平200度程度。これに車の運転といった「動き」が加わると、 認知できる視野がぐっと狭まるそうです。時速40㎞のときの視野は左右で100度と静止時のなんと半分に。加速するほど その視野は狭まります。緑内障などでも視界の一部が見えなくなることも知られていますね。目の病気は加齢とともに増え進行する傾向があるので注意が必要です。視界の狭まりに気づかず運転を続けると…。カーブをスムーズに曲がれない、車庫入れで塀や壁をこすることが増えた、歩行者や障害物、他の車に注意がいきにくくなったなどの変化があったら病院で視野を確認してみたほうがよさそうです。

トウモロコシは夏の疲労回復に役立つ食材。野菜といっても実は米科で、糖分やでんぷんを多く含み、体のエネルギー源になります。最初の一口は「真ん中」がおすすめ。先端や軸元よりも、甘みのバランスが安定しているそうです。トウモロコシは黄色のほかに黄×白のバイカラー、白のほか、まるで宝石のようにカラフルなコーンもあるそうです。SNS映えしそうですね。

関連記事

  1. 第59号

  2. 第62号

  3. 第60号

特集コンテンツ

  1. 大切な人へ残すノート
  2. 事業所内感染リスクを減らす!
  3. その33 こんなときこそ言葉の力

Ranking

PAGE TOP