透明感溢れる’キラつぶ’が不思議でかわいい多肉植物たち


今回はキラキラつぶつぶ」が特徴的で可愛らしい多肉植物を横断的にご紹介したいと思います!

「キラキラつぶつぶした植物」というとまず思い浮かぶのは「アイスプラント」かもしれません。近年、スーパーのお野菜コーナーなどで販売され、サラダやおひたし等で頂くことができます。
実はこのアイスプラント、以前ご紹介しました生ける宝石リトープスコノフィツムと同じハマミズナ科の多肉植物で、正式にはメセンブリアンテマム属クリスタリナム(Mesembryanthemum crystallinum)という名称。

アイスプラント (Mesembryanthemum crystallinum) は元々南アフリカ原産の植物ですが、航海技術の発展で海を越えた交流の機会が増えるにつれて他国にも広がり、現在ではアメリカやメキシコ、ヨーロッパの沿岸部などに広く自生するようになりました。
夏場の乾燥や強い日差し、また冬季の低温などにも強く、発芽率も高めで、更に海水と同じ程度の塩水でも問題なく成長できるという強健さが他国への帰化に拍車をかけたようです。

↑ブラッダー細胞のマクロ画像 (×100)

葉や茎に見られるこの特徴的なキラキラつぶつぶは「ブラッダー細胞」と呼ばれるもの。根から水と一緒に吸い上げた塩分をこの粒のなかに分離して閉じ込め、体内の塩分濃度をバランスよく調節することが出来るため、海岸付近でも難なく育つことができます。
またこのブラッダー細胞は風などの環境ストレスから身を守る役割も分かってきているそう(参考:https://bit.ly/3i1Inid )。虫などの食害や強い陽射し避けとしても一役かっていそうですね。
一見綺麗で儚くみえるこのキラつぶが、過酷な環境を生き延びるための大事な鍵となっています。

↑種から育つ「ドロセアンサス ブーイズニー」

同じくハマミズナ科の一年草である「ドロセアンサス ブーイズニー」にも、地上部の全草にブラッダー細胞がみられてとても綺麗です。南アフリカ原産の植物で、種まきから約4ヶ月程で花が咲くまでに育ちますが、草丈も低くコンパクトにまとまって非常に可愛らしい見た目です。

萼にまで細胞がびっしり。開花後は小さな筆などで花同士をぬぐって交配させ、次の年の種を取ることができます。
前述の「アイスプラント」を育てる際には、灌水の際に濃度1.2%の塩化ナトリウムを加えると最も生育が良いようなので(参考: https://bit.ly/3E3eSpr)、試したことはありませんがこちらも少し塩水を足すと機嫌が良いかもしれませんね。秋口に種をまけば、寒い冬でも可憐な花を咲かせてくれます!

↑ フィロボルス  左「Phyllobolus sp.」 右「Phyllobolus aff. Watermeyeri」

同じく南アフリカ原産ハマミズナ科の「フィロボルス (Phyllobolus) 」属。
主要な品種は主に大西洋沿岸部に育ち、ブラッダー細胞を持つ塩生植物でありながら、肥大した根に貯水可能な塊根植物でもあります。
写真左が「P. sp.」右が「P. aff. Watermeyeri」。どちらも暑くなる季節には葉を落として根塊部のみの姿となります。

↑葉を落としたフィロボルス、夏場の姿。


葉が落ちてくると一見枯らしてしまったのかと心配になる見た目となりますが、お水を控えて半日陰で管理していると気温が下がってくる秋口にはまた新たなキラキラの新葉を展開させはじめます。

↑ P.Watermeyeri の花

なかでもWatermeyeriは、冬の一番寒い時期に絹糸のように繊細で可憐な花を咲かせます。
30種以上あるフィロボルス属はその特徴から強光や乾燥に強く、同時に冬場の寒さにもかなり強めなので、どの種も比較的育てやすいです。
(0℃以下になる場合は屋内に取り込んだ方が安全です。)

↑Drosanthemum sp.

「ドロサンテマム (Drosanthemum)」属は南アフリカやナミビアに100種類以上が広く自生しているグループです。枝がよく分岐して生え広がり、その種類にごとに多様な花色と強健さを持ち合わせているため、海外ではしばしばグランドカバーとしても楽しまれます。属名の意味はギリシャ語で「しずくの花」。キラキラと光るブラッダー細胞をそのように表現しているそうで、名前まで綺麗ですね。

丈夫で美しい「キラキラつぶつぶ」植物。手軽な一年草も多く、ネットショップでは鉢付きの栽培セット等も販売されています。
アイスプラントですと春と秋どちらも種まきが可能。2~3日で芽を出し、ひと月ほどで収穫できますので是非おうちでチャレンジしてみてくださいね。実は抗酸化作用や血糖値・コレステロール低下作用など健康増進効果も大きく、日夜研究が進められているところだそうです。
収穫前に薄めた塩水を与えると細胞に塩分が取り込まれ味が変わりますのでお試しを!美しいキラキラと不思議な塩気をぜひご堪能ください。

-今月のひとこと-

基本的にはめっきり夜型体質なのですが、夏前頃から週1回、入っているクラブの新しいクラス『早朝太極拳』に参加をはじめました。朝5時半からオンラインで、先生や沢山のお仲間さんと体を動かしています。
初めは「三日坊主になるかな〜」と思っていたのですが、新しいことを覚える楽しさや早起きの気持ちよさ、画面越しでも人と会える喜びなどから、意外にも続けることができています。
太極拳のように何か「決まった形」があると、体調や気分のゆらぎで動きが変わった時分かりやすく型崩れするので、自覚しにくい不調や疲れなどに早めに気づきやすい部分もいいですね。これから寒くなってきても続けられるとよいのですが…!

関連記事

  1. 髪を切ったこと、気がつきました?

  2. 第66話 プロ野球開幕

  3. うさぎシリーズも人気!モケモケな葉や奇妙な色柄が特徴的カランコエ

  4. その43 リハビリの栄養源

  5. ブーム到来!育て方のコツをつかんでさらに輝くコノフィツム

  6. #5【夏飾りの折り方 Decoration for Summer】

  7. その31 はなせばわかる

  8. 第70話 親のありがたみ

  9. そのボールペンの責任者は誰ですか?

特集コンテンツ

  1. 第80話 テイクアウト
  2. 小さなキッカケを集めて社会へ浸透させる
  3. その50 すべての動作はトイレに通ず

Ranking

PAGE TOP