皆さまこんにちは!これから、私たちの暮らしを豊かにしてくれる素敵な多肉植物たちのご紹介をさせていただきます、S.Kと申します。

広島で生まれ育ち、小さな頃から動植物が大好きで、野山で遊び、通学路の犬猫を撫で歩き、お庭やベランダで草花を育てては写真を撮ったり絵にしたり。これまで沢山の生き物や植物と触れ合ってきました。

多肉植物と出会ったのは学生時代。
園芸店で不思議な形をした植物の寄植えを何気なく手にとった事がきっかけでした。

『多肉植物(Succulents)』とは、葉や根などに沢山の水分を蓄える事ができる植物の総称です。世界中の乾燥地帯を中心に生息し、長い年月をかけてそれぞれの環境に合わせた独自の進化をとげてきました。

「なんて不思議な色や形をしているんだろう…」そんな驚きとともに、興味を惹かれたことを覚えています。

また、多肉植物の多くは、ちぎれた茎や落ちた葉っぱ一枚からまた根を出し、新たな芽を出して大きく育ちます。

これまで自分が育ててきた植物の多くは、当然のことながら切った部分は数日楽しめてもいつかは枯れてしまう……

それもまたその植物の美しさではありますが、「切ったところからまた始まる。」その多肉植物の力強さに、とても心惹かれました。

そしてなんといってもその種類の多種多様さ!

世界中に1万種類以上存在するといわれ、それぞれが植物とは思えないような面白い色や形をしていて、その育ち方や特徴もさまざま。全く飽きる事がありません。

自分で種をとって撒いたり、交配をして自分ならではの新しい品種を作り出すことが比較的容易であることも、その栽培の楽しさや人気を後押ししてくれています。

そもそも、乾燥に強いため水やりの必要頻度が少なく、成長がゆっくりな物も多いので、長年小スペース&マイペースに育てられることも、大きな魅力のひとつでしょうか。

なにかと急いだり比較されることの多い現代社会。多肉植物は、太陽や季節のうつろいに寄り添ってゆったりと過ごすこと。また、それぞれに違いがあるからこそ、それぞれが魅力的であり素晴らしい。そんな大切な感覚を思い出させてくれます。

近年では雑誌やテレビにも数多く取り上げられるようになり、SNSなどを通じて同じ趣味を持つ沢山の愛好家の方々とも気軽に知り会えるようになりました。

多肉植物の専門店も増え、販売イベントも日本各地で定期的に開催されていて、気の合う仲間と楽しく語り合うもよし、じっくり植物と向き合うもよし。

どちらにしても、私たちの暮らしにとても豊かな時間と彩りを与えてくれる植物だと感じています。

そんなこんなで気がつけば自宅には1000鉢を超える多肉植物たちが並ぶようになりました。

お部屋の窓辺やベランダで、気軽に育てはじめることができる多肉植物。これから少しずつ、その植物たちの魅力を写真とともにご紹介できたらと思います。どうぞお楽しみに!

*次回更新予定*
6月5週目(6月29日~7月3日)

profile


S.K
広島生まれ広島育ち。進学先の京都で多肉植物と出会いその魅力に触れ、狭小スペースでの栽培に試行錯誤しながらも、父にもらった一眼レフカメラでそれらの栽培記録を収めるように。その後社会人となって10数年、未だ稼いだお金をせっせと緑に変え土に埋める生活が続いている。

関連記事

  1. リトープス -Lithops-

  2. ハオルチア オブツーサ -Haworthia obtusa-

  3. コチレドン 熊童子 -Cotyledon tomentosa ssp. ladismithiensi…

特集コンテンツ

  1. 2020年9月14日(月)
  2. その37 やってて良かった
  3. 2020年9月6日(日)-8日(火)

Ranking

PAGE TOP