第64号

 ャプスがサポートさせていただいているお客様をご紹介する「きゃぷすのわ」。第4回目は和歌山、奈良、大阪、鳥取の4都市を中心に22事業所を展開する株式会社はるす様です。テレッサmobileベーシック版を導入されてのお話を伺いました。

◆事業所・施設の紹介をお願いします。

「はるす」という社名はHuman Active Life Supportというこの事業の目指すべき姿を表現したもので、介護保険法や自治体委託事業・障害者支援事業などに基づきケアプラン・訪問介護・訪問入浴介護・デイサービス・グループホームなど総合的に展開しています。その基本は、その人の人生と真正面から向き合い理解し個人の尊厳を守り、その人の立場に立って可能な限りの自立性を援助することだと考えます。「はるす」が活動する街には、世代を超えて人と人が交わり豊かで潤いのある楽しいことが、たくさん作られています。

◆テレッサmobileを導入後、変化はありますか?

2月・3月とお試し利用をして、初めは「出来るかな? 難しいんと違うかな?」と不安もありましたが、使い慣れていたLINEを使用しての訪問記録にヘルパー全員がお試し期間でほぼ使えるようになりました。また、訪問記録を事務所に綴じに来なくてもよいので直行直帰ができ、新型コロナの感染防止にもなりました。

◆テレッサmobileを導入して良かった点は何ですか?

 とにかく時短 ‼ になったこと、訪問記録を記入しなくてよくなったこと、記録を綴じなくてよくなったこと。サービス提供責任者としては特定事業所加算の書類作成の手間が省け、ペーパー類の5年保存の量が減らせ、場所を確保することがいらなくなったことです。

◆導入後のヘルパーさんの反応はいかがですか?

 これまでサービス内で記録を書くと時間がオーバーすることもよくありましたが、LINEを使用することによって記録を書く時間が短縮され、ご利用者様と関われる時間が増えました。初めは無理と言っていた年配のヘルパーもLINEなので1ヶ月もしないうちに慣れて今では報告がスムーズに上がっています。

◆記録の保管については、どうですか?

 これまで記録を保管していくのに場所を確保するのが大変でしたが、クラウドに残るということで場所の心配もいらなくなりました。そのため整理整頓が出来てきており他の書類も徐々に片付いて来ております。
 特定事業所加算の指示内容をサービスごとに出していくのが非常に大変で時間もかかっていましたが、システムを導入することによって簡単に指示をを出せるようになったため、かなり時短になりました。

◆キャプスにひとこと!

 画期的なシステムを開発して頂きありがとうございます。さらに使いやすく便利になりますように…。よろしくお願い致しま―――――――す。


◆キャプス担当者のコメント
はるす様へ初めてお伺いした際、事業所内は柔らかく穏やかな空気が流れつつも、皆様キビキビと仕事をされていらっしゃいました。スタッフの方もとても明るくフレンドリーで温かさを感じ、利用者様にも安心感を与えられる事業所なんだと思いました。テレッサmobileを使用することで生まれた時間で、利用者様の笑顔を増やしてもらえると嬉しいです。

いよいよ「改正相続法シリーズ」の最終回になりました。
今回は昨年(2019年)7月1日から施行された「遺留分制度の見直し」について見てみましょう。
遺留分の制度とその計算方法はとても複雑です。具体的な遺留分についてのご相談はぜひ、専門家である弁護士に相
談してください。
ここでは、★本年7月10日から始まった「自筆証書遺言書」の法務局における保管制度を活用して、「自筆証書遺言書」を書こうとしている方に書く前にぜひ知っておいてもらいたい「遺留分」の(改正後の)制度についてわかりやすくご紹介します。

★前回きゃぷす便り63号の「改正相続法シリーズ」vol.3で詳しく紹介しました。

遺留分とは、遺言書を書いて亡くなった人(被相続人)の相続人について、その生活保障を図るなどの観点から、最低限の取り分を確保する制度です。
本来、個人は自分の財産を遺言(自筆証書遺言、公正証書遺言など)によって自由に処分することができるのが原則です。しかし、配偶者や子どもがいるにもかかわらず、「財産の全てを他人に遺贈する(団体に寄付する)」と書かれていたらどうでしょう。遺言書が執行されて扶養していた配偶者や子に財産が残らなければ、遺族の生活は保障されないこととなるため、民法には遺留分の制度が定められています(したがって、兄弟姉妹には遺留分はありません)。
遺留分の割合は、次の図を参考にしてください。

法定相続分と遺留分の割合がわかる関係図

遺留分がわかる事例

一郎さんはそば屋の初代で、長男の七郎さんを後継者として一緒に経営をしてきました。一郎さん名義の不動産は、一郎さんの妻なな代さんと長男の七郎さん一家の住居兼そば屋の店舗にもなっています。
一郎さんの長女のなな美さんは、15年前結婚するときに結婚資金として300万円の贈与を受けていましたが、お店の忙しい時にはしょっちゅう手伝いに来ていたので、一郎さんの相続の時は財産を分けてもらえるとばっかり思っていました。しかし、父の他界後に父の残した遺言書を見ると、15年前の贈与を理由に、なな美さんには相続分がないとの内容でした。これではなな美さんは納得できません。そば屋の後継者である七郎さんがスムーズに事業承継することには協力するつもりですが、遺留分くらいは分けてもらいたいと思い、遺留分侵害額を請求することにしました。これを従来は「遺留分減殺請求」と言っていましたが、改正後は「遺留分侵害額請求」と言うようになりました。

遺留分侵害額請求がわかる関係図

現在(改正後)【遺留分侵害額の計算】
一郎さんの財産の中に★なな美さんに15年前に贈与した300万円は含みません(相続法改正前は相続人に対する生前の贈与は相続開始前10年間に限らず算入していました)。したがって遺留分算定の相続財産の価額は5000万円(不動産3000万円、預貯金2000万円)です。

さて、事例のように父一郎さんの生前は仲の良かった家族。しかし、父一郎さんの残した遺言書は長女なな美さんにとって不公平だと感じるような内容だったことから遺留分侵害額請求をすることになってしまいました。一郎さんが遺言書を書く際に、そば屋をスムーズに七郎さんに承継し、なな美さんも納得できる遺言書とするためには、どのように書いたらよかったのでしょう。あらためて、遺言書を書く際には、次のことを確認しましょう。

仲が良いと思っている家族でも、遺言書の内容によっては良好な家族関係も壊す場合もあります。自分の思い通りに書きたい遺言書ではあるけれど、遺留分には気をつけた方が良さそうです。遺留分についてこの紙面に書いていることはごく一部です。遺留分について配慮した遺言書を書こうと思われる方は、ぜひ相続の専門家に相談してください。自分だけでは見つけにくい遺言書の重要なカギを見つけられるかもしれません。


全4回にわたって、40年ぶりの相続法大改正の一部をご紹介してきました「改正相続法シリーズ」、いかがでしたか。「相続について思いをいたす」ということは、その人の「人生の最終章に思いをいたす」ことになります。どのような人生を送りたいのか、そのためにはどのような老いじたくをしていけばよいのか、次回からは「老いじたくのすすめ~終活のいろは」と題してお送りします。
また、次号からの新シリーズでお会いできるのを楽しみにしています。

参考文献 法務省パンフレット、Q&A改正相続法のポイント(新日本法規)  監修 N・Y LINK司法書士事務所

なな行政書士法人

女性スタッフ3人で、シニア世代の終活ゆとりサポートを中心に活動しています。任意後見契約のご相談をはじめ、独居高齢者の支援、障がいを持つ子の親亡きあとの支援など、「心をつなぐ寄り添う終活」を平和都市広島から発信しております。〒732-0828 広島市南区京橋町 9-15-301 TEL 082-262-7701 ・福山オフィス 〒720-0065 広島県福山市東桜町 2-11-5F TEL 084-982-7703 http://www.nana-gsh.com

イスに座っている時間が長い人は、太ももの後ろが固くなりがち。座ると骨盤が後ろに引っ張られて背中が丸くなり、腰痛を招きます。そこで、大阪商人がするあいさつ「おいでやす」のポーズで太ももの後ろから腰につながる筋肉を柔らかくして、血行をアップ。腰痛も和らぎます。椅子から立ち上がって行います。

おいでやすストレッチ

❶足を平行に肩幅に開いて立ち、両足の付け根に、両手のひらを上にしてV字をつくるようにして当てる。
❷小指の付け根あたりで、押すと無理なくへこむポイントを探す。そこから奥に約3㎝のところに股関節がある。
❸膝を曲げ、❷で見つけたポイントに中指を深く差し込みながら、息を1、2、3、4と吐いて上半身を倒す。お尻を突き出しながら太ももの後ろが伸びるのを感じる。
❹息を5、6、7、8と吸いながら、元の姿勢に戻る。長時間座っていた後や寝る前などに8回繰り返す。

YOKO METHOD 主宰 斎藤洋子

病弱だった幼少期から大好きなダンスを通して健康になり、身体を動かすことの大切さを実感。モダンダンス、バレエ、ジャズダンスのインストラクターを経て 20 代から中高年のための無理のないエクササイズに注目し研究を重ね、「やさしいイス体操」を考案。2018 年ジャイロキネシス認定トレーナーの資格を取得。

消費の活性化やマイナンバーカードの普及促進などを目的に実施される「マイナポイント」事業。「マイナポイント」を申し込み、好きな決済サービスを一つ選んで今年9月から選択した決済サービスの利用(チャージや購入)額に応じてポイントが付与されるものです。申し込みにはマイナンバーカードが必要。もう取得されましたか。取得ポイントは普段の買い物等に使えます。プレミアム率は、購入またはチャージ額の25%、上限5000円分と魅力的。2021年3月から健康保険証としても使えるようになります。そろそろ準備しておきたいですね。

フラワーコーディネーターの方から聞いて、ガラスの器を飾ってみました。焼酎やジャムなどの空き瓶も登場。
水を入れなくても、ガラスの透明感が涼し気な雰囲気をつくってくれます。ガラスのくもりには、洗った最後に熱湯にくぐらせ水滴をきれいにふき取るといいそうです。

関連記事

  1. 第63号

  2. 第65号

  3. 第62号

  4. 第59号

  5. 第61号

  6. 第60号

特集コンテンツ

  1. 髪を切ったこと、気がつきました?
  2. その49 次の目標はセンテナリアン
  3. 第79話 扇風機

Ranking

PAGE TOP