寄せ植えアレンジで大活躍!カラフルでぷくぷくした葉が可愛いセダム

セダム -Sedum-

今回ご紹介する多肉植物はベンケイソウ科の「セダム(マンネングサ)属 」の仲間たち!ぷくぷくした葉が可愛い品種や、まるでお花の絨毯のような品種など、色や形のバリエーションが非常に豊富で今や多肉植物の寄せ植えには欠かせない存在です。

↑小さなバラの花束のような「ドラゴンズブラッド(S. spurium ‘Dragon’s Blood’)」


セダム属は南北アメリカやヨーロッパ、日本を含むアジア諸国やアフリカなど、世界中に400を超える種類が生息しているベンケイソウ科では最大級のグループ。
その見た目の可愛らしさとは裏腹に、どの種も暑さ寒さにとても強く、またよくふえるため様々なアレンジや住宅の装飾等に用いられ、町の園芸店でもかなり入手しやすい多肉植物です。強い日差しを好むので屋外栽培に向き、水量にもさほどうるさくありません。

セダムは大きく分けて「匍匐して広がる這性タイプ」と「茎が立ち群生していくタイプ」「枝垂れるタイプ」に分けられます。

まるで小さなお花のカーペットのように生え広がる這性タイプのセダムは、ちぎれた穂を庭に投げておくだけで自然に育つほど性質が強く、多少の雪などはものともしない耐寒性もあります。蒸れはやや苦手なので、梅雨前などに少し切り揃えておくと良いかもしれません。夏場に多少ダメージを受けても涼しくなればまたあっという間に元通りになるほど元気いっぱい!根は浅いため植え付けや取り回しも行いやすく、様々な葉色の品種が作られていてグランドカバーとしても人気があります。

↑開花中の「マルバマンネングサ(S. makinoi)」の黄金葉タイプ。日本原産で本州、九州、四国に自生。


多肉植物では珍しく、日本原産の種類も存在するのがセダムの魅力のひとつです。日本各地の海辺や山地、川岸の砂地や岩肌などに様々なマンネングサ系セダムが20種類近くも自生しています(帰化数種含む)。日本自生種の多くは春〜夏頃に黄色い星形の花を咲かせてとても華やかになります。

上の写真は近くの山を散歩中、渓流のきわに自生していたセダム。おそらくメキシコマンネングサ(S.mexicanum : 帰化種)かと思いますが、高さ10cmに満たないサイズで、お花が咲いてないとうっかり素通りしてしまいそうですね…。皆さんもお散歩の際はぜひ探してみてください!

こちらはマンネングサよりも肉厚な葉の「パープルヘイズ( S.dasyphyllum var. granduliferum ‘Purple Haze’)」。やや茎立ちながらも同じく横に生え広がっていきます。冬季はその名の通り紫色がかりとても可愛らしいですが、葉がポロポロ落ちるので植え替えの際は気をつけます。葉に微毛が生えたタイプもありますよ。

↑写真左:真く染まった「虹の玉(S.rubrotinctum)」とその斑入り種の「オーロラ」や写真中央:「乙女心(S. pachyphyllum)」、冒頭の寄植え写真中央:「黄麗(S. adolphi ‘Golden Glow’)」など、木立性で群生するタイプは、セダムの中では葉や体が大きめで葉挿しもとても簡単(「乙女心」は例外的にやや難しいです)。こちらも関東以南は問題なく通年屋外で栽培可能です。
また冬季にはハッとするほど綺麗な紅葉をするものが多く、よく色づかせるためには前項のエケベリア同様、寒くなる前にしっかりと日光に当ててあげることが大切です。

↑同じ場所の梅雨時~夏場の写真。同じ植物とは思えないほどのお色の差です…



穂先が白く染まる「そよ風の天使(S. brevifolium)」。木立性ですが育っても草丈10cm程度の小柄な品種で、春~夏にかけて先端に小さな白い花を咲かせます。しっかり日光に当てて育てると特徴の穂先の白さがくっきり出てきます。

はじめは茎立ちしていますが、成長するにつれ枝垂れていくタイプがこちら。この蛇みたいになってしまっているのは「ビアホップ(新玉つづり)(S. burrito)」。このタイプも葉挿し、挿し木ともに容易ですが、ほっておくとこのようにどこまでも伸びてしまうので程よいところで切り戻してくださいね…!(日陰になっていた部分だけ茎が徒長してしまっています…)
葉先が更に尖る「玉つづり」というよく似た品種もあります。

葉に白粉をまとったおしゃれな品種「白雪ミセバヤ(Sedum spathulifolium ssp.pruinosum)」。こちらは這性タイプのセダムですが茎から短いランナーを出して生え広がるという少し独特な育ち方をします。強光で白さがより栄えますが、他のセダムより夏場が苦手な印象ですので、夏の暑さが厳しい地域の場合は地植えせず鉢で避難させてあげると良さそうです。

とにかく元気でかわいいセダムの仲間たち。同じベンケイソウ科のエケベリアやパキフィツムなど異種属との交配も可能で、さらに沢山の素敵な品種があります。
お気に入りの雑貨や器などに寄せ植えしても愛らしく、ちょっとしたプレゼントとしても喜んで貰えますよ。寄せ植えの際には市販の‘優しく固まる培養土‘などを使うとより幅広いアレンジが楽しめますので、ぜひ創造力を活かして挑戦してみてくださいね!


―今月のひとこと―

みなさまこんにちは!新年を迎えてひと月近く経ち、すっかりお正月気分も抜けた頃でしょうか。今年は念のためにと家族の帰省もなく、わが家はあっという間に普段の暮らしに戻ってしまいました…。あのお正月独特の物事がひと区切りつく感覚や、襟を正して迎える静かな期待感、そして非日常的なお祭り感が大好きなのですが…!(ご馳走も…)無念です…。また11ヶ月後を楽しみにしておきます!きっとすぐにやってくるのでしょうね。皆さまも一年間健康で過ごされますように。

関連記事

  1. その53 GO to うちで年越し

  2. 第63話 コロナ自粛

  3. 第72話 あの世

  4. その42 夢でもいいから

  5. その47 わかった気になっていた

  6. その18 女房とスイカ甘いかの競い合い

  7. その38 人生の衣替え

  8. 特別ひろう話 その9 僕が死んだら

家族介護に必要なもの、揃ってます キャプスプラス

介護福祉の文具マーケット キャプス

脳トレブックレット

脳トレブックレット特集バナー

特集コンテンツ

  1. 親の介護がしんどいと感じたときの自分の時間の作り方
  2. ヘルパーさん必見!薬をセットするカレンダーのおすすめ5選
  3. 訪問看護におけるBCP(事業継続計画)とは?
PAGE TOP