リトープス -Lithops-



今回のご紹介は、「生ける宝石」との異名を持つ「リトープス」。南アフリカやナミビアなどの広大な乾燥地帯に生息する植物です!

リトープス(Lithops)とは、古代ギリシャ語の「石」lithosと「顔」opsから付けられた名前です。

現地ではその「石のような顔」という名のとおり、「周囲の石に擬態する」という独自の進化方法で動物たちの食害から逃れ、また背丈をコンパクトにおさえることで強い日差しや乾燥から身を守るなど、環境にうまく適応しながら種の存続に成功してきました。
擬態した礫土から少し顔をのぞかせ、その上部から光を取り込み成長していきます。



原産地の地表には瑠璃やジャスパーなど、赤褐色やブルー、グリーンなどの色彩豊かな貴石が混ざっており、原地ではそれぞれの地域の礫石に合わせ様々な色や柄に進化したリトープスの群落を見ることができます。

確認された群落には専門の研究家によってそれぞれナンバーがつけられており、現在は420ほど存在しています。(ただしそれらの多くは私有地内にある為、無断で入ると猟銃で狙撃されかねません…!)

白い石英に紛れていることも多く、遠くの山裾などがポツポツ白く見えていると「あの辺りにありそうだな」と推察することができるそうです。



他に類を見ないユニークな外見や、交配や実生(種を播いて育てること)が比較的容易なことも相まって、世界中に愛好家が増えています。

現在では交雑がすすみ、原産地にはないような色柄のバリエーション豊かな苗ができていますが、専門家やセミプロ愛好家などは原産地特有の色柄を存続、またはより特徴的なものにしたり、種を播いて偶然出てきた珍しい苗を品種として固定できるよう、国を超えた交流を行い、長い年月をかけて交配や実生、育成に尽力されています。

きれいな赤紫色が目を惹く『紅大内玉』の小苗達。このように赤色の品種同士で種をとって播いても、突然別の色の苗が出たりする(緑色が出やすい)。それらを育てて更に交配を重ね、新たな品種を作り出したりも。


日本に紹介されはじめた数十年前は、なんとひと月分のお給料の半分〜3分の1もするほど高価な植物だったというリトープス。現在ではその育成努力や人気の広がりから、園芸店やネットショップで比較的安価に購入できるようになりました。(前述の原産地ナンバー付きのものや、珍しい苗はまだまだ高価にもなります。)



リトープスは日光を好み、暑さ寒さにも比較的強いのですが、あまりの高温多湿や蒸れが特に苦手なので、夏場の直射日光は半日陰ほどにして避けつつ、常に風通しの良い場所で育てます。

水やりは、春と秋の成長期には月に2〜3回ほど、それ以外は月に1回ほどで大丈夫です。水が多かったり光量が足りないと、腐りやすくなったり、細長く丈が伸びてしまったりと見ばえや生育面ともに良くないので注意が必要です!



夏場は半休眠しやや生育が鈍りますが、秋から冬の成長期には白や黄色のかわいい花を咲かせます。

そして年に一度、春先に、ゆっくりと表皮を裂くように内側から新たな球体が出てくるという摩訶不思議な脱皮を行います。

開花や脱皮の時期以外はあまり大きな変化がないようにもみえますが、その体の中では人知れず、また次の年に向けた新球が時間をかけて作られています。

脱皮中の様子


このように一見植物とは思えない独特な姿と生態で非常に魅力的なリトープス。大きく育っても一体数センチほどですので、小スペースでじっくりとマイペースに育てられる植物です。園芸店などでお見かけの際はぜひ手に取ってお楽しみくださいね!

ナンバーがついた苗の姿はこちらのサイトでご覧になれます。
「lithops info.」
http://www.lithops.info/en/gallery/images.html

「群仙園」世界的に有名な日本唯一のリトープスナーセリー
https://ja-jp.facebook.com/%E7%BE%A4%E4%BB%99%E5%9C%92-969865539726515/

―今月のひとこと―


リトープスと一緒に夏場は休眠してしまいたいほど毎年しっかり夏バテする虚弱体質のため、今年はご飯に加えて、’最強食品’としておすすめされた’ゆで卵’を1日1個食べて強くなろうとしたところ、はや3日で卵をみると気持ち悪くなりはじめ困っています(虚弱)。思い切ってプロテインに変えてみたところ、発熱(虚弱)。お次は体にいいと聞いた「ボーンブロス」なるものを試してみようと思っています…!(やる気だけはある)
皆さま、お互いなんとか無事に夏を乗り切りましょうね…!

*次回更新予定*
9月4週目(9月23~25日)

profile


S.K
広島生まれ広島育ち。進学先の京都で多肉植物と出会いその魅力に触れ、狭小スペースでの栽培に試行錯誤しながらも、父にもらった一眼レフカメラでそれらの栽培記録を収めるように。その後社会人となって10数年、未だ稼いだお金をせっせと緑に変え土に埋める生活が続いている。

関連記事

  1. 第63話 コロナ自粛

  2. #6【アゲハチョウの折り方 Swallowtail butterfly】

  3. 第54話 チーク

  4. 大切だけど時間がかかって大変な紙の写真などを一挙にデータ化!写真整理サービス

  5. 2020年8月6日(木)

  6. その35 わちゃわちゃの日常

  7. 特別ひろう話 その1 久しぶりの外出

  8. 第56話 デイのおやつ

  9. その37 やってて良かった

特集コンテンツ

  1. 2020年9月14日(月)
  2. その37 やってて良かった
  3. 2020年9月6日(日)-8日(火)

Ranking

PAGE TOP