コロナ対策第二弾

いつもcapsチャンネルをご覧頂き有難うございます。 折り紙動画担当の白石です。

コロナ対策第一弾に続き、私が実際に行なっているコロナ対策をもっと具体的に紹介させて頂きたいと思います。皆様のお役に立てれば幸いです。

私は東京在住ですので、ステイホームの真っ只中です。周りの友人とも対策には差が出てきているのが現実です。 それは、リスクに対しての意識の差だと感じています。 ですが、やらないよりやった方が安心です!が基本の私は、正直「やり過ぎでしょ!」と言われていますが、決してやり過ぎだとは思っていません。全ての方に私のやり方を押し付けるつもりは一切ございません。 ただ、そんな方法もあるのかと知っていただけたらと思い、書かせて頂きます。

買い物から帰宅 帰宅編は第一弾に書かせて頂いていますので省略します。

通常の買い物

  1. 買った物は全てアルコールもしくは洗剤を薄めた物で拭きます。
  2. 生で剥き出しになっている野菜、フルーツはしっかり洗います。(可能な限り洗剤も使用します)
  3. 人の手が加わりパックされた物は、別の容器に移します。
  4. 飲み物はボトルを隅々までしっかり拭き取ります。 その作業を行う際、除菌していない物を置く場所と、除菌した物を置く場所を分けておきます。 とにかく接触した(人の手が加わった)であろう物は全て除菌対象です。

通販

  1. 出来るだけ直接受け取りません。直接受け取る場合は、片方の手は必ずクリーンな状態を保って下さい。
  2. 受け取った物は、ダンボールであろうが、ポストインされた封筒であろうが、買い物同様拭き取ります。
  3. 封を開け中身を取り出したら、勿論拭き取ります。

ネットスーパー

直接、自宅まで商品を持ってきてくださるサービスはとても便利です。

  1. 受け取る際は、そのまま受け取り、配達員さんが帰った後、買い物同様全て拭き取ります。そして、全ての工程後は必ず手洗いをします。うかつにも、手洗い前に触れた箇所は全て除菌対象です。

今、出来る事。 不安材料を減らす事。 ビクビクしながら生活を送るのではなく、やれる事をやりましょう。 読んでくださった皆様が笑顔で乗り越えられる事を信じています。 一緒に頑張りましょう。

これらは、今までの生活になかった事ばかりです。よって、慣れておらず、とても疲れます。ですが、考えてみてください。この面倒だと思う作業と、自分、もしくは愛する人が経験したことのない苦しみを味わうのを見守るのと… 答えは皆様同じだと思います。 始めに書きましたが、強制は致しません。ですが、皆様の心に止めていただけたら幸いです。

※頑張って配達をしてくださっている方、商品を販売してくださっている方たちを「除菌対象」としているのでは決してありません。モノが手元に届くまでは、たくさんの人の手を介しています。今は、感謝の気持ちをもって、気持ちよくサービスを利用し、お互いに感染リスクを負わないためのマナーだと言う事を前提にお読みいただけたらと思います 。

白石直美(しらいし なおみ)
東京都出身。一般企業で営業職などを経験後、福祉の世界へ。小学校の障害児クラスやグループホーム、訪問介護などでサービス提供責任者、デイサービスにて管理者業務等を含め7年間勤務後、居宅訪問介護事業所の教育事業部に所属し、介護講師を経験。現在は、人材育成研修・サービス提供責任者研修・ソーシャルマナー研修・高校生に向けての介護研修といった講師業と共に、新規立上げ介護事業所のアドバイザーとして活動している。近年は紙芝居を使った認知症の理解を伝える活動や、得意とする折り紙の講師も行っている。

関連記事

  1. 各都道府県の新型コロナウイルスに関する最新情報・電話相談窓口について

  2. 手作り布マスク情報

  3. 介護・看護事業所で働く皆様へ

  4. 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムについて

  5. ケアマネ協会が、介護報酬の“コロナ特例”を図示したPDFを公開

特集コンテンツ

  1. 2020年8月4日(火)
  2. 2020年8月3日(月)
  3. 2020年8月2日(日)

Ranking

PAGE TOP