うさぎシリーズも人気!モケモケな葉や奇妙な色柄が特徴的カランコエ

カランコエ -KALANCHOE-

今回ご紹介する多肉植物は、モケモケの葉や奇抜な色柄が目を引くベンケイソウ科カランコエ属の仲間たちです!
カランコエはまず、主に一般の草花同様に「お花の鑑賞用として販売されているタイプ」と、上の写真のような「多肉質の本体をメインに楽しむタイプ」に大別されています。

↑お花を楽しむタイプのカランコエ 。葉は概ね薄い多肉質で、品種改良により様々な色や形の花が作られている。短日植物(1日の日照時間が減ってくると開花する)なので日光に当てる時間をカバーなどで調整すると早い時期から長く開花を楽しめます。

町の園芸店などではお花タイプの取扱いがやや多めですが、後者の多肉タイプも流通量はかなり多めなので、多肉植物を置いているお店であれば手に取りやすい種類です。

↑冬季に縁取りが真っ赤になる「紅唐印(デザートローズ/ K. luciae)」

1971年にソ連が打ち上げた世界初の有人宇宙ステーションに運び込まれた植物のひとつもなんとこの「カランコエ」だったそうです。宇宙空間での植物栽培技術の発展に貢献するばかりでなく、船内での閉塞感や孤独からうつ状態に陥っていた乗組員の心を癒したとの記録が残っています(’life tree 生命の木’と名付けられて大事にされていたそう*)。品種までは不明ですが地上とのテレビ通信の際にはいつもそのカランコエが映されていたとのことです。


そんな素敵な逸話のあるカランコエ 。
「多肉植物」としてのカランコエはその見た目も多種多様で、主にマダガスカルやアフリカの南部〜東部、またアジア諸国(主に南方)などに150種類近くが自生している大きなグループです。
ベンケイソウ科の多肉植物ではセダムやクラッスラに次いでエケベリア属に肩を並べる品種(原種)の多さ。日本でも沖縄に自生種(リュウキュウベンケイ:現在野生では絶滅)があります。

↑ まるでかわいいクマさんのような園芸品種「テディーベア(K.tomentosa’Teddy bear’)」


全体が微毛に覆われた小動物のような品種や、派手な色柄が目を惹く品種、草姿やそのふえ方が類をみない個性的な品種など、非常にバラエティーに富んだ面白い顔ぶればかり!
どの種も時間をかけて群生しながら数十センチの木立形になります。なかには数メートルにもなる品種も!

↑左:「ヒルディブランディ(K.hildebrandtii)」 最大4m 、右:「天人の舞(K.orgyalis)」約2mまでゆっくりと育つ。


◎人気のうさぎシリーズ◎

↑左端から「ショーガール」「黒兎」「アンゴラ兎」「月兎耳」「ゴールデンラビット」「星兎耳」

「月兎耳(つきとじ K.tomentosa)」をはじめとする有毛種は、まるでウサギの耳のようなその姿から通称「うさぎシリーズ」と呼ばれ、属の代表的な品種となっています。
多くはその月兎耳から交配を重ねて、色々なタイプのかわいいウサギたちが作られています。

現地の強い日差しから身を守る為にこの微毛を纏っているといわれており、どの種も年間を通して日光を好みますが、夏場の蒸れや極端な暑さは苦手です。夏場は水やりを控えめに、直射日光は避けてなるべく涼しく夏越しできるようにしてあげてくださいね。

独特の色柄が目を惹く3種、左から「江戸紫(K.marmorata)」「フリミス(K.humilis)」「不死鳥(K. cv. ‘FUSHICHO’)」。どこか強そうな外見ですが、カランコエは他の多肉植物と比べても全般的に寒さに弱いので冬季は10℃を下回り始めると急な冷え込みに注意をし、5℃になる前には明るい室内に取り込んであげた方が安全です。関東以南であれば、真夏同様水やりを控えて霜に当てないよう気をつけ、ビニールや不織布などでしっかりカバーしてあげると屋外でも冬越し可能な場合があります。

↑冬季にやや痛んでしまった「胡蝶の舞(K. laxiflora)」。まともに寒さに当たるとこのように妙な色合いとぐったりした様子になり、ひどいとこのまま枯れてしまいます。

また、カランコエは主に脇芽を出しながら群生していくので、株を仕立て直したり更にふやす場合は程よいところで茎をカットして挿し木するのが一般的です。

↑葉先に沢山の仔株を付けた「不死鳥」


しかしカランコエの一部には、上記の「不死鳥」のように葉先の切れ込み部分に成長点を持つ品種があり、そこに新たな仔株を付けるという変わった繁殖法を行う種類もあります(通称「子宝系」)。
仔株はある程度育つとポロポロと地面に落ちて、あっという間に殖え広がります。海外では’mother leaf’と呼ばれ、国内でも縁起物として流通することがあります。

↑葉先の生長点から仔株を出している様子。 左: 「胡蝶の舞」と右:「マルニエリアナ(K.marnieruana)」

カランコエの原産地の多くはいわゆる乾燥地帯ですが、茂みや草原の岩陰など比較的水分量の多い場所でもありますのでお水には寛容です。やりすぎは禁物ですが、真夏と真冬以外は様子を見ながら2、3週間に1回程度たっぷりとお水をあげてくださいね。
冬の寒さが一番の難所ですので、そこを乗り切れば元気に育ってくれると思います!

↑葉の形が面白い「不死鳥」の変異タイプ

最後に、沢山の個性的な品種を楽しめるこのカランコエですが、実は全草に毒性があります。
食べてしまうと消化器の炎症や心臓の機能障害を引き起こす場合がありますので、ペットや小さなお子さまのいるご家庭では充分お気をつけて。ぜひ安全に栽培をお楽しみください!

-今月のひとこと-

この春、祖母が検査と手術で二度ほど総合病院へ入院する事になったのですが、コロナの影響で病室に面会に入れない状態が続いています。ただでさえ不調で心細いだろうに、更に不安や孤独を抱えてしまう、そんな方やご家族も今多いのだろうなと痛感しました。少しでも早く状況が落ち着いてくれたらと願うばかりです。

profile


S.K
広島生まれ広島育ち。進学先の京都で多肉植物と出会いその魅力に触れ、狭小スペースでの栽培に試行錯誤しながらも、父にもらった一眼レフカメラでそれらの栽培記録を収めるように。その後社会人となって10数年、未だ稼いだお金をせっせと緑に変え土に埋める生活が続いている。

関連記事

  1. リスの折り方 Squirrel

  2. 第62話 ゆーめいじん

  3. 令和3年度介護報酬改定!改定内容のポイントや単位数をまとめて紹介

  4. その29 耳掃除と寒中見舞い

  5. 訪問理美容ってこんな仕事

  6. 第69話 夏はやっぱり…?!

  7. 思い出のモノの片付けは、
    納得できる時間と理由、なにより体力が必要です。

  8. 第66話 プロ野球開幕

特集コンテンツ

  1. 小さなキッカケを集めて社会へ浸透させる
  2. その50 すべての動作はトイレに通ず

Ranking

PAGE TOP